温かいお茶が緑内障を防ぐ! 温かい緑茶や紅茶を飲む習慣で緑内障リスクが低下

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
温かいお茶が「緑内障」を防ぐ! 「眼の健康」が人生100年時代の大切な学習道具にの画像1

温かいお茶が「緑内障」を防ぐ(depositphotos.com)

 「①コーヒー」「②お茶(紅茶や緑茶)」「③ソフトドリンク類」のうち、あなたが1日で飲む頻度の高い飲みものはどれだろうか?

 ①か②と答えた方は、それを「ホット」または「アイス」のどちらで飲んでいるだろうか? さらにそれらのうち、あなたの好みは「カフェイン入り」と「(カフェインを取り除いた)デカフェ」に分けた場合はどちらだろうか?

 そんな各人の日常的な嗜好ドリンクの種類や飲み方、その頻度などから、中高年の代表的な眼の疾患として知られる「緑内障」リスクの関連を探ろうという小規模研究の報告が、昨年末、『British Journal of Ophthalmology』(12月14日オンライン版)に載った。

もっと「眼」を知ろう!

 この研究は米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のAnne Coleman氏が実施したもの。分析に際しては、同国の疾病対策センター下の国立健康統計センターが定期的に行なっている、米国国民健康栄養調査(NHANES)のデータを用いて検討した。

 「40歳以上の男女データ」を抽出した理由は、加齢に伴う眼の変化が起こり始めるのが40歳前後だからだろう。たとえば、緑内障の場合、米国眼科学会(AAO)のあげるリスク因子は下記の6項目だが、その筆頭が「年齢」だ。

【1】40歳以上

【2】アフリカ系/アジア系/ヒスパニック系のルーツがある。

【3】眼科検診で眼圧上昇を指摘された経験をもつ。

【4】近視ないしは遠視である。

【5】眼外傷あるいは眼球損傷の既住がある。

【6】角膜中心部が菲薄化している。

 なお、今回の研究の基準を満たしている40歳以上の男女データは1678人分あった(そのうち5.1%にあたる84人に緑内障が認められた)。彼ら全員の年齢/性別/民族/BMI/喫煙習慣/糖尿病の有無などを調整した上で解析した結果はこうだった。

 毎日、温かいお茶を(1杯以上)飲む習慣をもつ人々の場合、そういう習慣をもたない層と比べて「緑内障リスクが74%も低い」との統計的事実が判明した。

 ただし、リスク低減効果をもたらすお茶の種類が「紅茶か緑茶か?」という点に関しては参照データ自体からは判別できないため、その点は考慮されていない。

 また、お茶を好んで毎日飲んでいても「冷たいお茶」や「デカフェのお茶」である嗜好層の場合は、緑内障リスクの低下が認められなかった。同じく「コーヒー」や「ソフトドリンク」を日々愛飲している層についても、緑内障リスクとの間には何らの関連も読み取れなったそうだ。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇