連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」第22回

頭痛の最新治療法3選 人工知能や新薬で診療・治療が進化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
これからの「頭痛」の診療法と治療法〜頭痛ダイアリー電子化・新薬開発・経皮的神経刺激法による治療の画像1

これからの「頭痛」の診療法と治療法とは?(depositphotos.com)

 久しぶりの大寒波で日本中が大雪の被害に見舞われています。昨年の年末から新年のお正月は強い低気圧の通過しました。また、大学センター試験の時には、西高東低の冬型の気圧配置のために大雪の被害などが出ています。このような、気圧の変化の多い天候で「片頭痛」に悩まされた患者さんも多かったのではないでしょうか。どうぞ体調には十分にご自愛ください。

 さて今回は新年にふさわしく「これからの頭痛診療と最新治療」と題してお話ししたいと思います。

①頭痛ダイアリーの電子化とAI(人工知能)の導入の流れ

 頭痛診療における頭痛ダイアリーの重要性は、以前にもお話しました(参考:片頭痛を引き起こす原因を知るために、「頭痛ダイアリー」を活用するhttp://healthpress.jp/2015/01/post-1409.html
)。頭痛ダイアリーは自分の頭痛を知ると言う意味でも、頭痛診療をする医師にとっても重要なツールとなっています。

 この頭痛ダイアリーですが、その多くは印刷された紙に患者さんが日記のように記入していくものが大半でした。しかし、近年その記入の方法も電子化の流れが始まっています(参考文献:1)。実際、患者さんの中でも、通院されている先生からスマートフォンを使用するタイプの頭痛ダイアリーを始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 この電子化された頭痛ダイアーでは、より長期間の経過を表や図に変換することが可能であり、将来的にはAIによって解析することも可能になっていくのではないかと思います。

②カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)を標的とする新規薬剤

 カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP:Calcitonin gene related peptide)とは、アミノ酸37個からなる塩基性ポリペプチドの総称です。脊髄の後根神経節で産生され、末梢に運ばれるとされています。

 末梢血管の拡張作用を有し、侵害受容器(痛みを感知する場所)が興奮すると、脊髄内終末や末梢神経終末から放出され神経性炎症を誘発させると考えられています。実際、片頭痛も、三叉神経末端が刺激されて、そこからCGRPが分泌され、血管拡張を誘発して発症するとされています。

 このため片頭痛治療に、CGRPをブロックする薬剤の効果が予想されてきました。近年、このCGRPをブロックする薬剤として、CGRPやCGRP受容体に特異的に結合するモノクローナル抗体の開発や治験の成績の報告が多数報告されるようになってきました(参考文献:2・3・4)。現在、日本でもこの薬剤の治験が始まっています。今後、近い将来、この薬剤によって日本の頭痛診療も大きく変わることが期待されています。

西郷和真(さいごう・かずまさ)

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授、近畿大学医学部附属病院神経内科。1992年、近畿大学医学部卒業。近畿大学附属病院、国立呉病院(現国立呉医療センター)、国立精神神経センター神経研究所、米国ユタ大学博士研究員(臨床遺伝学を研究)、ハワードヒューズ医学財団リサーチアソシエイトなどを経て、2003年より近畿大学神経内科学講師および大学院総合理工学研究科講師(兼任)。2015年より現職。東日本大震災後には、東北大学地域支援部門・非常勤講師として公立南三陸診療所での震災支援勤務も経験、2014年より現職。日本認知症学会(専門医、指導医)、日本人類遺伝学会(臨床遺伝専門医、指導医)、日本神経学会(神経内科専門医、指導医)、日本頭痛学会(頭痛専門医、指導医、評議員)、日本抗加齢学会(抗加齢専門医)など幅広く活躍する。

西郷和真の記事一覧

西郷和真
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真