連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」第22回

頭痛の最新治療法3選 人工知能や新薬で診療・治療が進化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

③経皮的神経刺激法による治療(電気・磁気刺激装置による治療)

 慢性的な片頭痛は治療が困難であり、頻繁に薬物の使用過多による頭痛や、慢性頭痛と関連する。近年、経皮的神経刺激法による(非侵襲的神経刺激)治療の報告が蓄積されてきています。

 「Cefaly(登録商標)」装置を用いた経皮的眼窩上部の神経刺激が有名ですが、それ以外にも、迷走神経、蝶形骨口蓋神経節、後頭神経を刺激する方法も報告されています。

 さらに、電気刺激だけでなく、経頭蓋に磁気を使って刺激する方法や、手術によって体内に電極を埋め込んで深部の脳を刺激法する方法まで報告があります(文献:5)。

 ただし、これらの神経刺激治療は日本で保険診療の適応範囲外で、一般的な治療ではありません。今後これらの神経刺激治療も薬物療法とともに、治療選択の1つとして広がっていくことが期待されています。

 以上、最近の話題となっている頭痛診療、最新治療について取り上げました。ここに紹介していないものでも、重要で、新しい治療はまだまだ沢山あります。個々の患者さんの治療については、現在の主治医の先生と十分相談の上、自分にあった治療を心がけてくださいますようお願い申し上げます。
(文=西郷和真)

●参考文献
(1)Hundert AS, et al.Commercially avAIlable mobile phone headache diary apps: a systematic review.JMIR Mhealth Uhealth. 2014 Aug 19;2(3):e36.
(2)Bigal ME, et al. TEV-48125 for the preventive treatment of chronic migrAIne. Neurology 2016;87:1-8.
(3)Goadsby PJ, et al. A controlled trial of erenumab for episodic migrAIne. N Engl J Med 2017;377:2123-2132.
(4)Tepper S, et al. Safety and efficacy of erenumab for preventive treatment of chronic migrAIne: a randomised, double-blind, placebo-controlled phase 2 trial. Lancet Neurol 2017;16:425-434.
(5)Schwedt TJ, et al.Neurostimulation for Treatment of MigrAIne and Cluster Headache.
PAIn Med. 2015 Sep;16(9):1827-34.

連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子