連載「肥満解読~痩せられないループから抜け出す正しい方法」第16回

糖質制限するなら知っておきたい糖質の話 ブドウ糖と砂糖は何が違う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘い味には罠がある!困ったちゃんの「果糖」の魔力

 「果糖(フルクトース)」は、精液など一部の組織では一定量含まれますが、血液内には基本的に存在しない単糖です。花の蜜や果物に含まれていて、とても甘みが強い糖です。その甘さに魅了された昆虫や動物が、受粉や種の拡散に協力させられるわけです。

 人間を含む哺乳類が果糖を摂取すると、一部はすぐに中性脂肪に変換されて体脂肪になるので、野生の動物が冬に備えて秋の果実で体脂肪を増やすのは理に適っています。つまり、野生動物にとって果糖の豊富な秋の果物は、良い食べ物です。

 果糖の半分は、肝臓で処理されてブドウ糖に変換されます。食べて少しして血糖値が上がり、インスリンも追加分泌されます(個人差あります)。ブドウ糖に比べれば血糖値上昇程度が軽いので、糖尿病患者向けの甘味として推奨されていた時期もありましたが、強い甘みへの中毒性と肝機能への悪影響はエタノールに似た部分があり、少なくとも過剰な摂取は控えるべきとの意見が増えています。

「スイーツだけはやめられません」はドーパミンの快感

 ブドウ糖と果糖が繋がった二糖が「砂糖(スクロース)」です。清涼飲料水に使われるコーンシロップは、果糖が55~75%、残りがブドウ糖。どちらも果糖が強い甘みを持ち、摂取するとブドウ糖が血糖値をすぐに上げ、インスリンも多量に追加分泌され、体脂肪を増やす食べ物です。WHO(世界保健機構)も肥満の元凶として注目し、砂糖とコーンシロップを合わせた1日摂取量を「25g以下にすべき」だとしています。

 果糖の強烈な甘みは、中脳の腹側被蓋野から側坐核に繋がる「A10神経」と呼ばれる神経を刺激してドーパミンを放出させると考えられています。これは、麻薬摂取、性的行動、ギャンブル時、オタク趣味埋没時の興奮などでも同じように放出され、快感をもたらします。

 「ご飯とパンと麺は我慢できるけど、スイーツだけはやめられません」と言っている人は「中脳でほとばしるドーパミンの快感から離れられません」と公言しているようなものかもしれないことを、頭の片隅に置いておいてください。

赤ちゃんの最高の栄養源である「乳糖」の成分である「ガラクトース」

 「ガラクトース」は甘みの少ない単糖で、食品としては甜菜(テンサイ)やガムに含まれる以外には、ブドウ糖と繋がった二糖類の乳糖として乳汁中に存在します。

 ガラクトースは、プロテオグリカンやガングリオシドなどの糖脂質や糖たんぱく質の構成成分として、神経系のために特に重要です。このため、糖質エネルギーとしてだけでなく、乳汁中に乳糖(ラクトース)がたくさん含まれていると考えられています。

 しかし、肝臓に到達したガラクトースの一部は、ブドウ糖に変換されることも知られています。

日本人の成人が乳糖を摂取しても、血糖値などへの影響は少ない

 上述のように「乳糖(ラクトース)」は、食べ物としては哺乳類の乳汁中にしか存在しません(例外的な植物を除く)。そして、乳児の消化管のラクターゼで分解されて、ブドウ糖とガラクトースになります。

 しかし、日本人の成人の腸は、ラクターゼ分泌が低いので、十分に分解できません。飲みすぎると、消化不良のままに大腸に向かい、それが下痢を起こします(飲み慣れている人は、ラクターゼ機能を持つ腸内細菌が多くいて、ある程度まで分解してくれます)。このため、日本人の成人が乳糖を摂取しても、血糖値などへの影響は少ないと予想されます。

 ラクターゼを十分に持つヨーロッパ系の成人に、乳糖溶液とミルクを飲ませて比較した実験では、血糖値上昇はどちらも中程度(果糖以上、ブドウ糖以下)でした。しかし、インスリン分泌は、後者でのみ低く抑えられました。そのため、ミルクの中のほかの成分が、インスリン分泌抑制に関わると考えられています。これは、砂糖やでんぷんを摂取した場合とは異なるホルモン動態です。

 いずれにせよ、乳糖の豊富な母乳で育っている赤ちゃんの場合、砂糖水や重湯を飲ませたときに起こりうる、不自然に急激な血糖値の上昇や多量のインスリン追加分泌の心配は不要だと考えられます。

 ということで、ブドウ糖、果糖、ガラクトースの単糖類と、それらの結合した二糖類である麦芽糖、砂糖、乳糖について説明してみました。「甘い糖類は全部同じ」だと一括りにしないでいただきたいと思います。
(文=吉田尚弘)

連載「肥満解読~痩せられないループから抜け出す正しい方法」バックナンバー

吉田尚弘(よしだ・ひさひろ)

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産業医科大学卒業、熊本大学産婦人科に入局、産婦人科専門医取得後、基礎医学研究に転身。京都大学医学研究科助手、岐阜大学医学研究科助教授後、2004年より理化学研究所RCAIチームリーダーとして疾患モデルマウスの開発と解析に取り組む。その成果としての<アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子の解明>は有名。
その傍らで2012年より生活習慣病と糖質制限について興味を持ち、実践記をブログ「低糖質ダイエットは危険なのか?中年おやじドクターの実践検証結果報告」を公開、ドクターカルピンチョの名前で知られる。2016年4月より内科臨床医。

吉田尚弘の記事一覧

吉田尚弘
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆