「三橋純」の記事一覧

三橋純(みつはし・じゅん)

デンタルみつはし院長。1989年、新潟大学歯学部卒業後、東京歯科研究会、三橋歯科医院(新潟市)、荒木歯科医院(東京都大田区)を経て2000年にデンタルみつはし開業。2006年、日本顕微鏡歯科学会理事、2009年、日本顕微鏡歯科学会副会長、2010年より「顕微鏡歯科ネットワークジャパン」発起人・認定医。主な著書に『顕微鏡歯科入門』、月刊「歯界展望」別冊『顕微鏡歯科を始めよう』、『写真でわかるラバーダム防湿法』、その他、雑誌への掲載論文多数。

三橋純

デンタルフロスに虫歯予防の科学的な根拠なし? 効果がないのは正しく使っていないから?

子どもの頃から親に言われるままに、歯と歯茎を守るために「デンタルフロス」を使用する習慣を守ってきた人は多いだろう。しかし、AP通信による新たな調査で、「フロスの効果を裏づける十分なエビデンスはない」ことが示唆された。 AP通信は、過去10年間に実施された25件の研究のデ…続きを読む

デンタルフロスに虫歯予防の科学的な根拠なし? 効果がないのは正しく使っていないから?

日本の歯科の医療費は桁違いに安い! 歯科用顕微鏡による治療は自由診療で

“見える治療・魅せる治療”をコンセプトに歯科用顕微鏡をいち早く取り入れた「デンタルみつはし」の三橋純院長。歯科用顕微鏡を導入した頃は苦労も多かったと明かす。顕微鏡を使っての診療には、それなりの技術が必要とされた。買ったからすぐに使えるようになるほど簡単なシステムではなかっ…続きを読む

日本の歯科の医療費は桁違いに安い! 歯科用顕微鏡による治療は自由診療で

“アバウトな歯科治療”が当たり前? 歯科用「顕微鏡」で安全・安心な治療

“見える治療・魅せる治療”をコンセプトに歯科用顕微鏡をいち早く取り入れた「デンタルみつはし」の三橋純院長が考える歯科医療の基本は”予防”だという。 口腔内を細部まで目をこらして観察し、いま問題のある歯はどのような状態で、経過観察すべきなのか、すぐ治療が必要なのかをさま…続きを読む

“アバウトな歯科治療”が当たり前? 歯科用「顕微鏡」で安全・安心な治療

歯科の“顕微鏡治療”はドクターの目を補い患者の満足度も上がる!

世田谷区・下高井戸にある歯科医院「デンタルみつはし」は”見える治療・魅せる治療”をコンセプトに、患部を肉眼の約30倍で拡大できる歯科用顕微鏡をいち早く取り入れた最先端の歯科治療を行っている。 歯科用顕微鏡の日本での普及率は、まだ約5パーセント。院長の三橋純氏はその普及…続きを読む

歯科の“顕微鏡治療”はドクターの目を補い患者の満足度も上がる!
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔