いま流行の「肩甲骨はがし」とは? 「肩凝り」の解消効果は本当か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<肩甲骨の張り付き>は肩凝りの原因に

 このように肩甲骨の周囲が固まったり、一部の筋肉に負担がかかると、肩凝りとして重だるさを感じる。

 だから、<肩甲骨がよく動く→肩甲骨周囲の血行がよくなる→肩凝りが解消>となるわけだ。また、肩甲骨周囲の筋肉をバランスよく鍛えると、僧帽筋の負担が少なくなり、肩凝りが解消される。

 肩甲骨周囲の筋肉が固まり、「猫背」の姿勢で呼吸を行うと、自然に呼吸は浅くなる。すると、体中に充分な酸素を送れず、疲れを感じやすくなったり、スッキリしない体調が続くことになる。そんな姿勢では、皮膚や筋肉がたるんでしまい、<張りのない体つき>になる可能性もある。

 肩甲骨を正しい位置に戻すことは、肩凝りの改善だけではく、姿勢がよくなり、見た目もよくなる。「肩甲骨はがし」というネーミングは、当たらずとも遠からずというところだろうか。
(文=三木貴弘)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子