連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第39回

乗り物酔い防止の市販薬「トラベルミン」を大量服用しての自殺未遂!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジフェンヒドラミンの大量服用では死亡例も存在する

 2015年の日本中毒学会で、旭川医科大学法医学教室の清水恵子医師は、元来は健康であった20歳代の女性が、自宅のベッド上で死体となって発見された事件について報告した。

 自宅内には、薬物の空き箱などは認められなかった。若年の健康女性であったため、死因に不審を抱き、司法解剖となった。

 その結果、女性には死因となる外傷は認められず、死体の血液より致死量の「ジフェンヒドラミン」が検出された。死因は急性ジフェンヒドラミン中毒であると結論づけられた。

 後日の警察の捜査で、この女性は近隣の薬局より「トラベルミン」を100錠以上、購入していたことが確認された。

急性トラベルミン(ジフェンヒドラミン)中毒とは?

 

 酔い止め防止の市販薬「トラベルミン」は、抗ヒスタミン作用を有する「ジフェンヒドラミン」と本誌の第36~38回にて報告したカフェインやテオフィリンと同じキサンチン誘導体の「ジプロフィリン」の合剤である。後者はテオフィリンよりも毒性が低いとされ、本剤の中毒症状は前者が主体を成す。

 ジフェンヒドラミンの中毒症状は、全身の発疹、眠気、倦怠感、頭重感、めまい、動悸、悪心、嘔吐、下痢などの多彩な症状を認め、重症例では、昏睡、呼吸困難、ショックに陥り、最悪のケースでは死に至ることもある。

 致死量は2,800mg以上(本剤70錠以上)。私が経験した症例では、20歳代女性が2,400mgを服用したことになるが、幸いにも救命できた。しかしながら、旭川医大の症例では、放置され、発見に至るまで長時間を要したため、死亡したものと思われた。

 本剤を大量服用した際には、出来るだけ早期に医療機関を受診し、胃洗浄や輸液などの適切な治療を受けることが是非とも必要であろう。

連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真