「曾田昭一郎」の記事一覧

曾田昭一郎(あいだ・しょういちろう)

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体験から最適な治療の選択の重要性に気がつき、2004年、「市民のためのがん治療の会」を設立。セカンドオピニオンの斡旋や、がん治療に関する普及啓発活動、医療環境整備の政策提言などを行っている。2012年、標準治療に行き詰まった患者のために「一般社団法人市民のためのがんペプチドワクチンの会」も設立。がんペプチドワクチン療法の啓蒙活動・情報発信、研究支援のための寄付活動などを行っている。

市民のためのがん治療の会 http://www.com-info.org/
一般社団法人 市民のためのがんペプチドワクチンの会 http://www.ccpvc.org/

曾田昭一郎

日本初! 市民の手でがんの臨床研究を実現 患者会の新しい姿

がんの三大療法(手術・放射線治療・化学療法)に行き詰まり、「残された日々を有意義に過ごしてください」と言われたら――。 「最後まで諦めずに治療を続けたい」。東京大学病院の放射線科の調査によると、末期がん患者の約8割は最後まで治療を望むという。しかし、「最後まで治療を提供…続きを読む

日本初! 市民の手でがんの臨床研究を実現 患者会の新しい姿

誤診で舌を切られそうに! "第2の意見"が人生を変えた

「市民のためのがん治療の会」代表である會田昭一郎さんは、自身が患った舌がんの治療体験を基にして、2004年に同会を設立した。患者一人ひとりの最適な治療の選択をサポートするため、セカンドオピニオンの斡旋相談や、がん治療に関する普及啓発活動、医療環境整備の政策提言などを行ってい…続きを読む

誤診で舌を切られそうに!

がん治療は"治ればいい"から"高いQOL"を維持して社会復帰する時代に

「市民のためのがん治療の会」代表である會田昭一郎さんは、自身が患った舌がんの治療体験を基にして、2004年に同会を設立した。「がん治療における消費生活センター」をイメージした同会は、患者にとって最適な治療の選択をサポートするため、セカンドオピニオンの斡旋相談や、がん治療に…続きを読む

がん治療は

"ことば" の喪失を免れた...... 最適な治療の選択の重要性とは

国民生活センターに勤めていた會田昭一郎さんは、消費者問題を長年研究してきた。2000年に舌がんの告知を受けた會田さんは、治療のために最善の努力をしようと決意。最適の治療を求めた結果、小線源による放射線治療の名手によって舌の切除を免れ、あらためて最適な治療の選択の重要性に気…続きを読む

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘