なぜ人はキスのとき「右」に頭を傾けるのか? 世界中で同様の結果が判明!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ人はキスのとき「右」に頭を傾けるのか? 世界中で同様の結果が判明!の画像1

キスのとき「右」に頭を傾けているのは文化的な影響とは無関係だった(depositphotos.com)

 HKT48の新曲『キスは待つしかないのでしょうか?』の初日売上は16万7587枚と、今回もCD厳冬下での秋元ブランド一強ぶりを証明した。

 一方、「キス時の右傾斜派はおよそ8割」という真面目な分析論文を『Scientific Reports』(7月14日オンライン版)に寄稿したのは、英国やバングラデシュの研究陣だ。

 国際共同研究というかたちで取り組んだ今回の試みの結果を前に、関わった心理学や神経科学の研究家たちは次のような見解を示している。

 「キスの際、多くの人々が頭を右側に傾けるのは、生まれつき備わっているバイアス(bias:傾向)の表われである可能性が読み取れる」

バングラデシュで実験を行なった特別な理由

 今回の調査に関しては、バングラデシュ在住の夫婦48組の協力を得、それぞれの自宅内でキスをしてもらい、その直後に夫と妻の双方から各設問に答えてもらうという算段を取った。

 実験(キス)の場を自宅内に限った背景には、バングラディシュ特有のお国柄が関係している。キスを「極めてプライベートな行為」と考える同国のカップルは、人前でそれを行なうことはない。テレビや映画作品のなかでも、キスシーンが規制対象となっているお国柄なのだ。

 これが現在の日本であれば、(明治・昭和世代はいざ知らず)散歩中のカップルを捉まえてTVカメラの前でチュ〜をしてもらい、その映像を観れば一目瞭然。わざわざアンケート調査をするまでもなく、日本人版キス事情が「右傾か、左傾か?」の答えが得られるだろう。

 だが、研究陣が今回、被験対象国民にバングラディシュの夫妻を選んだ裏にはもう一つの意義があった。

 というのも、キス時の頭が「右傾斜派圧勝である」という実験報告自体は格別斬新なものではない。アイルランドの先行研究でも「8割が右傾」、オランダの大学研究においても「被験者57人中41人(約72%)が右傾斜」という報告がされてきた。

 しかし、それらの従来報告はいずれも西欧諸国で実施された研究の結果(標本)であり、その右傾斜優勢の傾向に「(西欧の)文化的要因の影響」を拭い去れない――つまり、「西欧人特有のバイアスでは?」という保留知見だったわけである。

年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫