「洗い過ぎ」がシワや敏感肌の原因!「界面活性剤」が皮膚のバリア機能に悪影響を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「界面活性剤」が「皮膚のバリア機能」に悪影響を

 化粧をする女性は、夜はクレンジング剤と洗顔料でダブル洗顔を行った後、化粧水や乳液などをつけることが多いだろう。

 クレンジング剤・洗顔料・乳液・クリームに共通して含まれているのが「界面活性剤」である。界面活性剤は水と油をなじみやすくする物質だが、池田医師によると「皮膚のバリア機能」に悪影響を及ぼしているのが、それだ。

 「私たちの皮膚の表面は、皮脂と汗が混じり合ってできた皮脂膜で覆われています。皮脂膜は角質層を守っているのですが、界面活性剤が作用すると皮脂が角質層から落ちていき、皮脂膜が形成されにくくなります。角質層に含まれている保湿成分も同様に、界面活性剤で洗い流されてしまうのです」

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子