連載「病理医があかす、知っておきたい「医療のウラ側」」第23回

新鮮な「イカ刺し」を食べた患者さんが来院! 舌に刺さったものの正体は?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新鮮な「イカ刺し」を食べた患者さんが来院! 舌に刺さったものの正体は?の画像1

「イカ刺し」を食べたら舌に何かが刺さって抜けず来院(depositphotos.com)

 あるとき、ユニークなケースに遭遇した。

 近所のスーパーマーケットで買った「イカ刺し」を食べたところ、何かが舌に刺さって抜けず、痛くて仕方がない――と訴える男性が来院した。臨床医は舌に刺さったトゲ状の物体を麻酔下で切除し、病理診断に提出した。

 顕微鏡で標本を見た私は、はたと困った。たくさんの小型の核をもつ細胞が充満したその物体は、これまでに見たことのない代物だったのだ。当時勤務していた大学の寄生虫学の専門家に相談した。

 彼らは「寄生虫ではない」と即答してくれたが、果たしてこれは何なのだろうか?

 しばらくして謎は解けた。メスイカの体内に発射された、オスイカの精鞘(無数の精子を容れた鞘状の器官)だったのだ。

新鮮なメスのイカ刺しには、とりあえずご用心を!

 奥谷喬司・著『イカはしゃべるし、空も飛ぶ―面白いイカ学入門』(講談社ブルーバックス)と題した科学随筆に目を通した。その第一章「イカのセックスは痛い」の中に、次のような内容が書かれていた。

 イカの10本足のうち2本は生殖のためのもので、オスがこの特別の足を使ってメスの体内に精鞘を挿入することによって交尾が行われる。

ika.jpg メスイカの体壁に刺さった精鞘の肉眼像。中身の白い物体はイカの精子の塊

 精鞘は2~3センチ長で、先端に針のような突起を、根元には大量のアクチンフィラメント(収縮性タンパク質)を有しており、メスの体裂に接触すると弾けて、メスの体内壁に突き刺さる仕組みだそうだ。

 つまり、かの患者さんが不幸にして口にしたのは、<不発弾>を表面に抱えたメスの身(体壁)だったのである。

堤寛(つつみ・ゆたか)

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病理診断科の病理部長。1976年、慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍。2001〜2016年、藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書、電子書籍)『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス、電子書籍)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)、『患者さんに顔のみえる病理医からのメッセージ』(三恵社)『患者さんに顔のみえる病理医の独り言.メディカルエッセイ集①〜⑥』(三恵社、電子書籍)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
年末年始の血糖コントロール~「1日3食欠かさず食べる」の思い込みは捨てよう!
インタビュー「血糖値を上手にコントロールする年末年始の過ごし方」前編:角田圭子医師(駅前つのだクリニック院長)

これから増えるのが忘年会や新年会といった宴会。糖尿病予備軍の人も、そうでない人も、血糖値と体重が気になるのではないだろうか。血糖値をコントロールしながら年末年始を楽しく過ごすコツを、糖尿病外来を中心とした内科クリニックである「駅前つのだクリニック」の角田圭子院長にそのコツを訊いた。

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫