炎症性皮膚疾患「酒さ」による赤鼻や肌荒れの犯人は……赤ワインではなく白ワイン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒を美味しく嗜むために

 では、これまで「酒さを引き起こす飲みもの」という通説から黒歴史を背負わされてきた赤ワインの場合はどうだったのか……? Li氏ら研究陣の見解は次のようなものである。

 「赤ワインが酒さ特有の赤みを引き起こすということが従来から言われてきたが、その作用は既に酒さを発症している患者の例で報告されてきた傾向がある(ので疑わしい)」

 とはいうものの、今回の研究対象層があくまでも女性のみに限られており、この赤・白・蒸留酒と酒さの関連が男性層にも当てはまるかは依然不明である。また、関連性は示されたが、それらの因果関係は本研究も明らかにしていない。

 それでもUCLAメディカルセンターの皮膚科医、Carolyn Goh博士は「さまざまな種類のお酒ごとに違いがある点は大変興味深い」としながら、赤ワインをめぐる過去の高リスク嫌疑についてもこう補足する。

 「既に酒さを持っている人々の場合、アルコール以外にも日光の影響やカフェイン摂取、熱いものやスパイシーな食品などの一般的な引き金も発症につながる。つまり彼らはトリガー(引き金、誘因)が違うわけだから、そのリスクがすべての患者にも当てはまるとは限らない」

 Li氏らも「白ワインと蒸留酒が酒さリスクを高める理由は未だ不明である」としながら、現時点での見解をこう述べている。

 「白ワインや蒸留酒は免疫系を低下させ、血管拡張に寄与するのではないかと考えられる。これらの酒類が酒さの発症を促進するのに対し、件の赤ワインの場合は(既発症者の)症状を悪化させるのだと思われる。そして、この前者と後者の違いには生物学的な理由があるはずだ」

 高リスクを生む理由や、飲酒影響の男女差については不明ながら、今回の研究成果から得られた関連性を「医師や消費者が認識しておくこそが重要だろう」とLi氏らは強調している。

 肉には赤、魚には白。それに加えて、赤は「悪化」、白は「促進」という、新たなリスク雑学を身につけておこう。もちろん、飲み過ぎはさらなるリスクを生みますぞ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆