連載「気まぐれ形態学アナリシス」第2回

病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に!? 実習用の遺体は火葬されるのか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に?

 数カ月前、通勤の電車の中で気になる記事を目にした。病理解剖後の臓器標本などの取扱いについての記事で、そこでは病理標本の処分を産業廃棄物で処分していると報じていた。

 筆者は、病理学教室にも法医学教室にも所属したことがないが、病理解剖を終えた臓器や法医解剖され保管された標本も、最終的には、系統解剖の様な標本火葬的な形で火葬されると信じている。

 しかし、標本と言っても、ガラスのプレパラート等に張り付けられた物が、どの様な形で最期を迎えるのかは、私は知らない…。そのタブロイド新聞の記事では、産業廃棄物として処分となっていたが、医原性廃棄物といわれる物の処分や管理は厳しく管理されているので、法令順守されていると信じたい。

連載「気まぐれ形態学アナリシス」バックナンバー

前田信吾(まえだ・しんご)

フリーランスの解剖学講師。関東・東海地方を中心に看護師、歯科衛生士、臨床検査技師等の医療系専門学校で教育に携わる。厚生労働省死体解剖資格認定者 (系統解剖)。
専門は肉眼解剖学。日本歯科大学 新潟歯学部を卒業後。歯学部の研究員を経て2015年から現職。現在も複数の歯学部の解剖実習に参加。日本解剖学会、日本人類学会、日本法医学会、歯科医学教育学会、日本歯科衛生学会など。

前田信吾の記事一覧

前田信吾
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆