連載「気まぐれ形態学アナリシス」第2回

病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に!? 実習用の遺体は火葬されるのか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に?

 数カ月前、通勤の電車の中で気になる記事を目にした。病理解剖後の臓器標本などの取扱いについての記事で、そこでは病理標本の処分を産業廃棄物で処分していると報じていた。

 筆者は、病理学教室にも法医学教室にも所属したことがないが、病理解剖を終えた臓器や法医解剖され保管された標本も、最終的には、系統解剖の様な標本火葬的な形で火葬されると信じている。

 しかし、標本と言っても、ガラスのプレパラート等に張り付けられた物が、どの様な形で最期を迎えるのかは、私は知らない…。そのタブロイド新聞の記事では、産業廃棄物として処分となっていたが、医原性廃棄物といわれる物の処分や管理は厳しく管理されているので、法令順守されていると信じたい。

連載「気まぐれ形態学アナリシス」バックナンバー

前田信吾(まえだ・しんご)

フリーランスの解剖学講師。関東・東海地方を中心に看護師、歯科衛生士、臨床検査技師等の医療系専門学校で教育に携わる。厚生労働省死体解剖資格認定者 (系統解剖)。
専門は肉眼解剖学。日本歯科大学 新潟歯学部を卒業後。歯学部の研究員を経て2015年から現職。現在も複数の歯学部の解剖実習に参加。日本解剖学会、日本人類学会、日本法医学会、歯科医学教育学会、日本歯科衛生学会など。

前田信吾の記事一覧

前田信吾
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真