>  > 気まぐれ形態学アナリシス(解剖学講師 前田信吾)
「気まぐれ形態学アナリシス(解剖学講師 前田信吾)」の記事一覧

日本から解剖医が消え医学の基本的な知識の欠落が危惧される。あくまでも「肉眼解剖学」の重要性にこだわる気鋭の解剖講師が世界のあらゆる形態学の世界をまさに<解剖>しながら、ともすれば偏見や非難の対象となりがちな解剖の世界の地平を切り開く。

病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に!? 実習用の遺体は火葬されるのか?

みなさんは「解剖学」という言葉から、どのような事柄を想像されるだろうか? 解剖学と一括りに言っても、その内容は千差万別だ。筆者のように主に研究や教育を行う系統解剖学、肉眼解剖学・組織学(顕微解剖学)などの教室は「解剖学教室」や「解剖学講座」と呼ばれている。これらの教室と…続きを読む

病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に!? 実習用の遺体は火葬されるのか?
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘