連載「Universal Jintai Japan(UJJ)=人体迷宮の旅」第4回

【閲覧注意】ロシア中から奇形児や精密な人体解剖資料を集めた「クンストカメラ」を覗いてみた!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mojimaru728.jpg

高い保存技術で劣化を感じさせない奇形児の人体模型、画像はモザイク加工をしたもの/spoki.tvnet

 人体標本をコレクションする世界各国の博物館の中で、ムター・ミュージアムに続いて紹介すべきは、約300年もの歴史を誇る博物館の元祖「クンストカメラ」だろう。

 クンストカメラは、モスクワに次ぐロシア第二の都市サンクトペテルブルクにある。ロシア語のクンストカメラ(あるいはクンストカマー)はドイツ語の「ヴンダーカンマー(驚異の部屋)」を意味し、15世紀から18世紀に貴族たちの間で流行した世界中の珍妙なものを蒐集したコレクションのことを指す。

 現代感覚からすれば、グロテスクで悪趣味なものに見えてしまうかもしれない。しかし、クンストカメラは、当時としては最先端の医学と科学、博物学的な成果の集大成として、世界最高レベルを誇っていたものであった。

ピョートル大帝の個人コレクションをもとに創設

 もともとサンクトペテルブルクは、ピョートル大帝が、当時のヨーロッパの最先端文化を取り入れて築き上げた近代都市であり、1712年には、帝政ロシアの首都がモスクワから移転されている。現在でも「ヨーロッパで最も美しい街」といわれ、ロシアにおける「西欧に開かれた窓」とされている。

 そんなサンクトペテルブルクに、1714年、ピョートル大帝の個人コレクションをもとに創設されたクンストカメラは、ロシア近代化の象徴であり、ロシア国民の教養を底上げするための文化事業であった。1927年、ネヴァ川のほとりにバロック風の建物が完成すると、一般来場者を集めるために無料でウォッカを振る舞ったという逸話も残っているほどである。

 19世紀に入ると、増え過ぎたコレクションはいくつかの国立博物館に分割されたが、設立以来の医学標本コレクション、天球儀や実験器具、鉱物コレクションなどは残され、さらに人類学・民族学な資料の充実が図られて現代に至る。その所蔵数は200万点を超えるという。

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

フリーランスの解剖講師。関東・東海地方を中心に看…

前田信吾

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行