連載「死の真実が〈生〉を処方する」第36回

孤独死は若い人ほど発見が遅れる! 最も多い通報は「異臭がする」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孤独死によって生じる3つの弊害

 孤独死が発生すると、どのような弊害があるのでしょうか? 社会的に次の3点があります。

①身元確認が必要になる
 死後変化が進行することで顔貌が変化し、親類が確認できないことがあります。指紋の登録があるのは一部の人ですし、ミイラ化や腐敗などで指紋の採取もできないことがあります。

 この場合、遺体から採取した試料と家族から得た試料との間でDNA鑑定を行わなければなりません。費用と時間を要することはお分かりいただけるでしょう。

②犯罪が隠蔽される恐れがある
 たとえば、何者かが侵入して殺害したとします。発見されるまで、犯罪の事実が確認できません。また、死後変化が高度になることで、遺体に存在していたはずの創傷が分かりにくくなります。したがって、犯罪が隠蔽されたり、事件の解決に支障をきたす恐れがあります。

③環境に悪影響を及ぼす
 先にお話した異臭だけではありません。腐敗が進行すれば、その周囲に体液や死体の一部が浸潤します。また、ハエが集まり卵を産むとウジが発生します。したがって、衛生状態を悪化させることになります。

孤独死を防ぐためには?

 では、孤独死を予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

 高齢でも介護を受けていたり親密な付き合いがある人は、万一のことが起こっても誰かが間もなく発見してくれます。ですから、社会的に孤立している状態をなくすことが重要です。

 千葉県のある地域の自治会は、独居高齢者を見守るというルールを作っています。電気が消えたままである、洗濯物が2日にわたって干したままであるなどの時には、自宅を訪問することになっているそうです。その結果、具合が悪くなって倒れていたのを発見でき、一命を取り留めたということがありました。

 このような対策を地域で推進するのはいかがでしょうか。そうすれば不幸な孤独死は減少していくはずです。

連載「死の真実が"生"を処方する」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子