精神障害のある人と一緒に働く! 当事者・支援者の活動に「リリー賞」の栄誉が

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

精神疾患というマイナスをチャンスへ

 そのイベントは「第13回精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)」の授賞式だ。

 認定NPO法人地域精神保健福祉機構が、日本イーライリリー株式会社の協賛で主催するこの賞は、毎年、精神障害の分野で優れた活動を行なっている当事者や支援者に与えられる。

 過去の受賞者を見ると、精神疾患というマイナスを、むしろチャンスへと転化するような、当事者の多彩な活動が目を引く。

 今年の受賞者もすでに決定済みだ――。

 当事者部門では、精神障害の当事者のみで共同作業所を30年間運営するNPO法人精神障害者回復者クラブすみれ会(北海道)。および発達障害の当事者によるピアサポートを展開する一般社団法人UnBalance(アンバランス)(大阪府)の2団体。

 支援者部門では、精神障害者の福祉事業所と18年間交流を続ける会津若松市立川南小学校(福島県)と、精神障害の当事者によるフットサルとバレーボールチームを結成する高槻精神害者スポーツクラブ、愛称「WEAREウィアー」(大阪府)となっている。

 なお、同賞のプレゼンテーターは、母親の介護の体験を生かした執筆活動を精力的に行なっているフリーアナウンサーの町亞聖さんだ。

 これらの活動が意義深いのは、精神疾患の当事者が自らの意志と意欲で活動を続けていることだろう。精神障害を抱えながらも、さまざまなことを成し遂げることができることを、リリー賞の受賞者たちは証明している。

 一般企業でもこれからますます精神障害者の雇用が進んでいくことは間違いがなさそうだが、これらの受賞者たちの実例は、企業の人事担当者にとっても大いに参考になるに違いない。
(文=里中高志)

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆