インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第2回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ「睡眠日記」で原因を探れ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不眠の解決には<上流>の原因を探れ!

――睡眠薬を飲んでも眠れないケースもありますか?

 不眠の原因が、単純に脳の回路の問題だけなら、服薬によって功を奏すでしょう。しかし、仕事のストレスや家庭の問題などが根底にある場合、そちらを解決しなければ、薬によって脳の回路だけに働きかけても、不眠が解消されないケースは多いですね。

 眠剤を用いるのは容易ですが、服薬以外の対処が必要な人にも投与している現状があり、それが薬剤頻用や多剤大量処方の問題につながっているのかもしれません。

――医療機関では、仕事や家庭の悩みを解決することはできませんが……。

 もちろん。ここで大切なことは、不眠と悩みのどちちが<上流にある>のかという点です。

 たとえば、借金の悩みなら医師よりも先に弁護士に相談すべきかもしれません。過剰な長時間労働が背景にあって健康的な生活が送ることができていなければ、労働環境の改善が先決です。

 不眠の原因を探り、<上流>にある障りを解決することが重要です。

 一昔前は、徹夜仕事や寝てない自慢が武勇伝のように語られることがありました。深夜まで残業することが生産的なのか? 人らしい生活なのか? まさに今、政府が掲げる「働き方の改革」が問われています。

(取材・文=里中高志/精神保健福祉士、フリージャーナリスト)

高橋正也(たかはし・まさや)
独立行政法人労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 産業疫学研究グループ部長。1990年、東京学芸大学教育学部卒業。医学博士(群馬大学)。労働安全衛生総合研究所で仕事のスケジュールと睡眠問題に関する研究に従事する。2000年、米国ハーバード大学医学部留学。共著に『睡眠マネジメント─産業衛生・疾病との係わりから最新改善対策まで』(エヌティーエス)がある。

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真