小池百合子・新都知事は障害者への差別主義者か? 「子どもの障害は親の責任」という偏見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

160802_03_1.jpg幹部職員に対する挨拶をする小池百合子知事(写真は東京都の公式HPより)

 8月2日に初登庁した新東京都知事の小池百合子氏。都知事選の際は、「女性も、男性も、子どもも、シニアも、障がい者もいきいき生活できる、活躍できる都市・東京」というモットーを掲げ、政策のひとつとして「高齢者・障がい者の働く場所を創出」と打ち出した。

 東京五輪もさることながらパラリンピックにも意欲的で、まるで障害者への理解にあふれる平等主義者のようにも思えるが、実態はどうか? 

 これまでの言動やブログでの発言に照らし、ネット上では小池都知事のレイシスト(人種差別者)ぶりが各方面から指摘されている。障害者への基本認識や社会参加のあり方も怪しいものだ。

 7月30日付の赤旗新聞によると、「自身の公式サイトで、家庭教育支援議員連盟(通称=「親学(おやがく)」推進議連)の勉強会に参加していたこと」を明らかにしていたが、現在は削除されているという。

 家庭教育支援議員連盟は2012年に超党派で設立され、参加議員には戦前教育を再評価する、そうそうたる顔ぶれが揃っている。設立時の会長からして、「愛国心教育」を推進する安倍晋三・現首相だ。

「発達障害は、予防は簡単、治療は大変」に抗議が殺到

 

 同議連は、設立年の5月に「発達障害は伝統的な子育てで予防できる」という趣旨の勉強会を開き、抗議が殺到した。関連団体が当時の安倍晋三会長に、資料の破棄などを求める要望書を送る顛末もあった、いわく付きの団体だ。

 資料には伝統的子育てへの回帰として、「言葉かけが多い」「あやす」などの記載があったというが、これは科学的根拠に欠け、極めて概念的だ。

 また、当時の朝日新聞(2012年6月29日付)によると、資料には発達障害は「予防は簡単、治療は大変」などと記されていたという。

 発達障害に明るくない人は、この障害名から「発達の過程で生じた障害」というイメージを持ち、「なるほど、育て方次第では発達障害にならなかったのかもしれない、予防できたのかもしれない」と納得しかねない。

 こういった誤情報が、発達障害への正しい理解と社会的対応を、撹乱させてしまうのではないだろうか。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫