連載「気まぐれ形態学アナリシス」第1回

医学教育で解剖学が軽視されている!2030年、身体の構造を知らない医師ばかりになる!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

教科書の行間を埋めてくれる肉眼解剖学の先生がいなくなった

 現在の大多数の解剖学講座が行う肉眼解剖の教育現場は、初期発生や器官発生が研究テーマの人が教えている。内容的には教科書に書いてあることを教えている。

 「それなら大丈夫なのでは?」と思われるだろうが、解剖学の教科書には基本が書いてあるだけだ。そこから始まるヒトの体の細部の情報はほとんど記載されていない。

 かつて肉眼解剖学の先生は、教科書に書いてあることだけでなく、稀な例についても多くの情報を授業で話したり、実習で見せたりしていた。たとえて言うなら、教科書の行間を教える役目をしていたのが、肉眼解剖学の先生である。

 しかし、昨今の各学校の都合や各講座の教員が減ってしまったこと、業績なので事情で、肉眼解剖学の先生がDNAを研究する先生に変わってしました。肉眼解剖学の先生という、教科書の行間を埋めてくれる人がいなくなった状態で、臨床の専門課程に学生は進んでいく。教科書に記載された基本しか説明されずに、破格(ハカク:解剖の業界用語で「バリエーション」の意味)である行間を埋めることなく臨床過程に進み、卒業後に外科医として手術に臨んでしまう。

想像してほしい、未来の医療現場を……

 ヒトの体が、教科書と全く同じであることなどまずない。多かれ少なかれ、どこかに破格はある。

 あなたが、病気で手術を受ける身になって考えてほしい。あなたの体の解剖学的構造が、教科書と異なる場所に、血管が、神経が、筋肉があった時、教科書の記述しか知らない状態で学校を出て来た医師や歯科医師に診療してもらう恐怖を……。

 今、医学生が臨床の第一線に出てくるのは15年くらい先でしょう。それが2030年だ。だから私は言うのだ。これから先の医療は大丈夫なの?

 肉眼解剖学の研究者の減少は、肉眼解剖学の授業の質の低下を導き、臨床に出てからは医療事故につながるのでは……。2030年、あなたの体を見てくれる医師は、あなたの体をどこまで知っているか?

前田信吾(まえだ・しんご)

フリーランスの解剖学講師。関東・東海地方を中心に看護師、歯科衛生士、臨床検査技師等の医療系専門学校で教育に携わる。厚生労働省死体解剖資格認定者 (系統解剖)。
専門は肉眼解剖学。日本歯科大学 新潟歯学部を卒業後。歯学部の研究員を経て2015年から現職。現在も複数の歯学部の解剖実習に参加。日本解剖学会、日本人類学会、日本法医学会、歯科医学教育学会、日本歯科衛生学会など。

前田信吾の記事一覧

前田信吾
幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行