連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」第21回

股関節が硬くて「腰痛」に~「かがむ」と「しゃがむ」の違い、ハムストリングスのストレッチにヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

股関節を柔らかくするハムストリングスのストレッチ

 では、股関節が硬い人は何が原因だろうか?

 股関節の周りには、たくさんの筋肉がついている。その中で股関節を曲げるのに関わっているのは、「ハムストリングス」と呼ばれる太ももの裏の大きな筋肉だ。

 たとえば、立った状態から膝を伸ばしたまま、手先を足の指につけようとしてみてほしい。ハムストリングスが硬い人は、手が足の指につかないで、太ももの裏が突っ張るはずだ。

 そして、その姿勢を鏡で見ると、股関節が曲がっておらず、その分、腰が丸く曲がっているに違いない。ではここで、股関節が硬くなってしまう最大の原因であるハムストリングスのストレッチ方法を紹介しょう。
 
①椅子に背筋を伸ばして座る。
②そのまま体を前に持って行き、足首を両手で掴む。
③足首を掴んだまま、お尻をゆっくりと椅子から離す(この時点では膝は曲がっていて構わない)。
④足首を掴んだまま膝を伸ばす。この時に太ももの裏のハムストリングスが伸びる。
⑤膝がそれ以上伸びない状態で15秒ほど数え、その後ゆっくりと膝を曲げて椅子に座る。
⑥これを3セット、できたら1日に2〜3回、時間をずらして行う。

 ハムストリングスが今よりも柔らかくなれば、股関節がもっと使えるようになり、それは腰部の負担を減らし、腰痛を改善できる手助けになるかもしれない。「しゃがむ」動作が苦手で腰痛がある人は、ぜひ今日から<股関節>を意識してみよう。


 
連載「国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子