連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」第19回

腰痛の原因は<硬くなった胸>! 「胸椎」を動かす簡単エクササイズで柔軟性をアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
253615708.jpg

カラダを捻る動作は「胸椎」がポイント(shutterstock.com)

 「腰痛の原因は腰にある」というのは、当たり前だと思われているかもしれない。もちろん、腰が痛むから腰痛なわけだが、「どうして腰が痛くなってしまったか?」と問うと、その原因は腰ではない場合も多い。

 腰が痛むのは「結果」だ。その「原因」は、別の箇所にある場合が少なくない。そのひとつに挙げたいのが、腰を挟む部位である「胸椎」と「股関節」である。今回は、胸椎に着目しよう。

脊柱の形は場所によって違う

 「脊柱の形は場所によって違う」というのは、意外に知られてない事実である。脊柱とは、いわゆる「背骨」であり、私たちの中心となる重要な部分だ。

 脊柱は上から、頚椎、胸椎、腰椎、に分かれており、それぞれ7つ、12つ、5つの骨が積み重なっている。つまり、合計24個の「椎体」と呼ばれる骨が積み重なって、脊柱を形成している。

 そして、その頚椎、胸椎、腰椎は、それぞれ<椎体の形が違う>。形が違うということは、それぞれ役割が異なるということだ。

 脊柱は24個の骨が積み重なり、それぞれ動かすことができる。24個の骨の動きを組み合わせて行うことで、私たちはカラダを曲げたり反ったり、ひねったり、複雑な動きを行っている。

 24個全てが動くということは、「それぞれに関節がある」ことになる。その関節面の形状は、首、胸、腰で違う。そこで頚椎・胸椎・腰椎には、<得意な動き>に違いが生じる。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子