連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」第19回

腰痛の原因は<硬くなった胸>! 「胸椎」を動かす簡単エクササイズで柔軟性をアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
253615708.jpg

カラダを捻る動作は「胸椎」がポイント(shutterstock.com)

 「腰痛の原因は腰にある」というのは、当たり前だと思われているかもしれない。もちろん、腰が痛むから腰痛なわけだが、「どうして腰が痛くなってしまったか?」と問うと、その原因は腰ではない場合も多い。

 腰が痛むのは「結果」だ。その「原因」は、別の箇所にある場合が少なくない。そのひとつに挙げたいのが、腰を挟む部位である「胸椎」と「股関節」である。今回は、胸椎に着目しよう。

脊柱の形は場所によって違う

 「脊柱の形は場所によって違う」というのは、意外に知られてない事実である。脊柱とは、いわゆる「背骨」であり、私たちの中心となる重要な部分だ。

 脊柱は上から、頚椎、胸椎、腰椎、に分かれており、それぞれ7つ、12つ、5つの骨が積み重なっている。つまり、合計24個の「椎体」と呼ばれる骨が積み重なって、脊柱を形成している。

 そして、その頚椎、胸椎、腰椎は、それぞれ<椎体の形が違う>。形が違うということは、それぞれ役割が異なるということだ。

 脊柱は24個の骨が積み重なり、それぞれ動かすことができる。24個の骨の動きを組み合わせて行うことで、私たちはカラダを曲げたり反ったり、ひねったり、複雑な動きを行っている。

 24個全てが動くということは、「それぞれに関節がある」ことになる。その関節面の形状は、首、胸、腰で違う。そこで頚椎・胸椎・腰椎には、<得意な動き>に違いが生じる。

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘の記事一覧

三木貴弘
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆