忘年会シーズン直前!「休肝日」は政府による造語だった~その意味、何日、適量、効果は?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
400906405.jpg

政府は「週に2日の休肝日」と謳ってきたが……(shutterstock.com)

 ヒトは禁じられると、途端に我慢できなくなったり、諦めきれなくなったりする生きものだ。

 たとえば、定期検診前々日からの禁止条件、10時間前からの飲食禁止、さらに24時間早い「断酒」は妙にノドの渇きを覚えさせる。

 毎日1缶の晩酌程度の適量派でも、「断酒」を義務づけられた途端、無性に呑みたくなるから不思議だ。

 この渇きがもし、連日の飲酒習慣から生じる軽度なアル中の兆候だとするならば……。ふだんは気にもかけない事柄が、妙に気になったりもする。嗜む程度の飲酒派ならば、敢えて肝臓を休ませる必要はないのだろうか!?

知ってるつもりの「休肝日」とは?

 耳慣れているぶん、知っているつもりでも(そのじつ、認識も曖昧で)実践はしていない「休肝日」の三文字が気になりだしたりする。

 まずはその語源というか、皆が知らず知らずのうちに口にしている「休肝日」が、お役人発の啓発用語だったという事実をご存知だろうか?

 あれはそもそもが行政による造語である。厚生労働省の指針は「週に2日は休肝日を作りましょう」と謳ってきたが、元来は日々の飲酒量がつい適量越えしてしまいがちな人々や、毎日飲まずにはいられない方々に向けての政策標語が源流だった。

 通常、1日5合以上の酒類を1週間飲み続けると、肝臓の細胞内の脂肪量(脂肪肝)が増加する現象が確実に起きるとされる。また、適量の飲酒は「百薬の長」と呼ばれて死亡率を下げる効果につながるが、一週間の総摂取量が300g超だと一転して死亡率が上がるとするデータもある。

 300gを種別量に直せば、「日本酒2合」「ビール2本(中瓶)」「チューハイ3缶」「ワインボトル半分」「ウイスキーロック(ダブル)2杯」という塩梅となる。

 が、これを「7日間でたった中瓶2本分のビールだけなんて……少な過ぎない!?」と考えてはいけない。300gを「7日間-2日間(休肝日)=5日間」で割らないと話が進まないのだ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔