連載「-5歳を実現する、50歳からのエクササイズ」第13回

いまや<腹筋女子>が理想のカラダ!? あなたの腹筋はすでに割れている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ腹筋運動では効果が出ないのか?

 これは、腹筋が薄い膜のような構造をしているからです。腹筋のサイズから見て、全身に存在する皮下脂肪をどんどん減らすほどの運動量や基礎代謝アップが見込めないのです。

 まずは、「体脂肪を落とす」ことに着眼して、食事や日常生活を見直しましょう。>

 食事では糖質を減らし、腹八分を守ります。肉や魚、大豆製品などのタンパク質を積極的に摂取。できるだけ野菜からたくさん食べ、血糖値が急激に上がらないよう心がけます。

 加えて、有酸素運動はとても有効です。ランニングやウオーキングなど、少し心拍数が上がる運動を、休憩をはさみながら無理のない程度に行いましょう。

 基礎代謝をアップさせるには、やはり筋力トレーニングが効果的です。まずは、胸や背中、太ももなどの大きな筋肉を鍛えることで、より脂肪を燃焼させやすい身体へと導きます。

 筋力トレーニングの利点は、常に腹筋も刺激しているので、あえて腹筋運動をしなくても鍛えることができること。

 ただし、お腹についている脂肪は、つくときは最初に、落ちるときは最後。脚や腕などから減り、腰回り、そして最後にお腹が落ちます。なので、短期間で「いくらやっても腹筋が見えてこない」と諦めず、継続することが大切です。


連載「-5歳を実現する、50歳からのエクササイズ」バックナンバー

五十嵐あゆ子(いがらし・あゆこ)

タイ式ヨガ「ルーシーダットン」マスターコース認定インストラクター。Hot Yoga & Fitness Space Gillで指導。身体運動学を学び、整形外科病院などにも勤務。アスレチックリハ(運動療法)担当トレーナーとして活動、リハビリ、運動指導、医療講演など行う。その後、メディカルフィットネスクラブでフィットネスインストラクターを兼務。現在、株式会社ドリームゲートの専務取締役兼インストラクターとしてフィットネスクラブの運営、ヨガレッスン、パーソナルトレーニング、キッズ~ジュニアの運動指導、健康講座などを行っている。

五十嵐あゆ子の記事一覧

五十嵐あゆ子
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆