催眠状態の「脳」で起きていること~子どもはかかりやすく、大人の5人に1人は全くかからない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
819214-2.jpg

大人の5人に1人は催眠術に全くかからない(shutterstock.com)

 催眠状態に陥っているヒトの脳内は、いったいどうなっているのか? 何らかの変化が脳内で起きているのだろうか?

 その興味深い実相が、米スタンフォード大学医学部のDavid Spiegel氏らによるMRI検査の研究報告で明らかにされた。

 催眠(hypnosis=ヒプノシス)は、暗示に左右されやすい変性意識状態の一種。ギリシア語で「眠る」を意味するが、明治期の日本上陸当時は「眠りに催す」状態と誤認されてしまい、訂正が効かぬまま催眠術(hypnotism)の呼び名が定着してしまった。

 実際、うたた寝と似て非なるものらしいが、意識構成の一つである「広がり」が低下した狭窄状態を「催眠状態」と呼んでいる。

 では、この催眠をめぐるSpiegel氏らの脳内研究は、どんな分析結果を読み取ったのだろうか?

 研究に際しては545人の潜在的な参加者から、最終的に57人の被験者が選定された。そのうち36人に関しては非常に催眠にかかりやすい傾向にあり、対照的に残りの21人は催眠にかかりにくい人たちだった。

「自分」が消えて「他人」のいいなりか?

 実験では、「各自の安静時」、「記憶を想い起こしている時」、「催眠状態を惹起するためのメッセージに曝された時」、それぞれのシチュエーションでMRI検査が行なわれた。その際の血流の変化が検出され、被験者ごとの脳活動が測定された。

 結果、催眠にかかりやすい被験者の層では、催眠時に3つの明瞭な脳内変化が認められた。この著しい変化は催眠状態でない場合は認められず、そもそも催眠にかかりにくい層の脳内では見られない現象だった。

 論文に従えば、前者の層では、催眠時に次のような変化が脳内で起きていた。

 変化①:脳を司る主要ネットワーク(Salience network)の一部である「背側前帯状皮質(Anterior cingulate cortex)」の活動が低下していた――この領域は物事を比較する機能を有し、心配するに値するかどうかを判断する際に働くといわれている。
 
 変化②:脳の最も進化した部位であり、集中力の源泉(=計画の立案やタスクの遂行を司る)である「背外側前頭前野(Dorsolateral prefrontal cortex)」と身体状況の把握を司る「島皮質(insula)」のつながりが増大していた――催眠状態下では、その人の心拍数や血圧を変えることも可能とのことだ。

 変化③:一方、同じ「背外側前頭前野」と創造性に富む「初期モードネットワーク(Default Mode Network)」のつながりは減少傾向が認められた――このDMNはぼんやりしたり、自分のことを考える際に活性化する領域。ひるがえって催眠にかかりやすい人の場合、催眠術者の思うまま、指示された行動を無意識に行う。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆