「粉物NG」のディーン・フジオカさんにも活路!? 自宅で簡単に作れる「クラウドブレッド」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Cloud_Bread_Finished-2.jpg

自宅で簡単に作れるクラウドブレッド(shutterstock.com)

 海外のSNSを中心に話題となり、最近では日本でも低炭水化物ダイエットのツールのひとつのとしてブームの兆しをみせる「クラウドブレッド(cloud bread)」。

 「ブレッド」と名がついていても、小麦粉やライ麦を使わないパンの代替品だ。見た目はピカタやお焼きに近く、「クラウド=雲」という名のとおり雲の形をしたフワフワとした、主食にもおやつにもなる食べ物だ。

 もともとは、グリテンフリー食材として注目を集めていたが、食生活に簡単に取り入れられると話題に。自宅ですぐに作ることができるのも魅力のひとつだろう。

 日本では、まだまだ馴染みの少ないグリテンフリー(グルテンを使用していない)食材。近年、アメリカで、グルテン過敏症などの小麦アレルギー発症者の増加にともない、グリテンフリー食材や専用レストランなどが話題になっている。

 日本では俳優のディーン・フジオカさんが、グリテンアレルギーの持ち主として知られている。『週刊文春』が昨年11月、NHK朝の連続テレビ小説『朝が来た』収録時に、女優の萬田久子さんが差し入れたタコ焼きを「ボク、粉モノはダメなんです」と拒絶したことを「奇行」と報じたが、本年初頭のTV番組で、実はグルテンアレルギーで小麦粉類は一切NGであることを本人自ら告白している

 *関連記事「テニス・錦織圭選手の『グランドスラム制覇』のカギはディーン・フジオカ流の食生活か!?

 グルテンとは、小麦やライ麦など穀物に含まれているタンパク質のひとつだ。アレルギーがなければまったく無害だが、これを異物として反応してしまうのが、グルテンアレルギー(グルテン過敏症)だ。

 食物アレルギーは子どもに多い症例だが、大人になって突然発症する場合もある。グルテンは吸水性で、加熱しても壊れにくい成分を持つため、パン(小麦粉)を主食とする欧米では、深刻な問題となっている。

自宅ですぐ試せるクラウドブレッド

 グルテンアレルギーは、主にグルテンの摂取により自己免疫能力が小腸を攻撃してしまう。アメリカでも多いのは、下痢や便秘などの消化器系トラブルだ。

 ほかにもアレルギー症状は個々で違うが、腕や背中の発疹などの皮膚症状や、膝や腰などの関節の痛みというケースもある。

 怖いのは頭痛やめまいなどの神経系だろう。元気がなくなる、集中力がなくなる、気分に波があったりやる気がなくなる、活動レベルの低下、意識消失などだ。

 病院での血液検査により検出は可能だが、実施している施設か少ないこと、また保険適用外となるため費用は4〜5万円ほどかかるといわれる。予防方法は、グルテンを含む食材を一切口にしないことだ。

 逆にいえば、最近なんとなく体調不良が続いている、病院に行ったが改善しない、などがあれば、いっそグルテン断ちをして確認してみるのもいいかもしれない。

 グルテンは小麦、ライ麦、大麦に含まれているが、米には含まれていない。パン、パスタ、うどんなどを避け、昔ながらの和食文化を実践してみるのもいいだろう。

 とはいっても、「朝はパンで」という人も多いかもしれない。そんなときはぜひ、「クラウドブレッド」を試してもらいたい。自宅で簡単に作ることができ、普通のパン同様にさまざまなアレルンジが可能だ。

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志