連載「ここまで治る!放射線治療」第5回

子どもと大人で原因が異なる「もやもや病」とは? 徳永英明さんは脳梗塞予防のため開頭手術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手にとっては呼吸が大事なことは言うまでもない

 徳永英明さんは40歳で脳梗塞を発症し、55歳で頭蓋外・頭蓋内バイパス手術を受けられた。徳永さんはブログで、「再発したわけではありません。僕はずっと『もやもや病』と付き合ってきたのだ。これからも大事にしてゆきます」とコメントされています。

 歌手生活を続けていくために、脳梗塞の予防のため手術を受けられたようだ。発声の基本は腹式呼吸で、歌手にとっては呼吸が大事なことは言うまでもない。もやもや病は、過呼吸で血中炭酸ガス濃度が低下すると、脳血管が収縮し脳血流が低下して脳梗塞につながる。

 4月16日、デビュー30周年記念ライブを東京・豊洲PITを開催され復帰された徳永さん。これからも、彼の素晴らしい歌声が聞けることを楽しみにしている。


連載「ここまで治る! 放射線治療」バックナンバー

高橋伸明(たかはし・のぶあき)

福岡記念クリニック院長。脳神経外科医。還暦を期にメスを置き、新たにガンマナイフを駆使した治療を精力的に実施。ガンマナイフ治療および放射線治療・検査の第一人者。1973年、鳥取大学医学部卒業後、北野病院、国立循環器病センター(ともに大阪府)を経て、1983年、小文字病院(福岡県)副院長(脳神経外科部長)。福岡記念病院副院長(脳神経外科部長)を経て、同院院長、2009年に同院名誉院長に就任。2014年より現職。

高橋伸明の記事一覧

高橋伸明
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇