連載「ここまで治る!放射線治療」第5回

子どもと大人で原因が異なる「もやもや病」とは? 徳永英明さんは脳梗塞予防のため開頭手術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手にとっては呼吸が大事なことは言うまでもない

 徳永英明さんは40歳で脳梗塞を発症し、55歳で頭蓋外・頭蓋内バイパス手術を受けられた。徳永さんはブログで、「再発したわけではありません。僕はずっと『もやもや病』と付き合ってきたのだ。これからも大事にしてゆきます」とコメントされています。

 歌手生活を続けていくために、脳梗塞の予防のため手術を受けられたようだ。発声の基本は腹式呼吸で、歌手にとっては呼吸が大事なことは言うまでもない。もやもや病は、過呼吸で血中炭酸ガス濃度が低下すると、脳血管が収縮し脳血流が低下して脳梗塞につながる。

 4月16日、デビュー30周年記念ライブを東京・豊洲PITを開催され復帰された徳永さん。これからも、彼の素晴らしい歌声が聞けることを楽しみにしている。


連載「ここまで治る! 放射線治療」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子