>  > Universal Jintai Japan(UJJ)=人体迷宮の旅(人体改造ジャーナリスト ケロッピー前田)
「Universal Jintai Japan(UJJ)=人体迷宮の旅(人体改造ジャーナリスト ケロッピー前田)」の記事一覧

世界中の驚愕すべき医学・人体系博物館、人体模型工場、人体・生命をテーマにした最新アートワールド。伝説の雑誌『BURST』出身で日本唯一の「人体改造ジャーナリスト」が生命の回廊をめぐるディープなツアーで見たものとは!

マルキ・ド・サドも絶賛!修道士ミイラと無数の頭蓋骨が並ぶカタコンベ(納骨堂)の先駆!

現在もヨーロッパ各地に多数のカタコンベ(納骨堂)が残されている。その規模はまちまちだが、おびただしい数の人骨を用いた装飾が壁面にあしらわれ、大量の頭蓋骨を積み上げたモニュメントが作られている。 写真で見るだけでもひんやりとした不気味な気配が伝わってくる。そういうものに拒…続きを読む

マルキ・ド・サドも絶賛!修道士ミイラと無数の頭蓋骨が並ぶカタコンベ(納骨堂)の先駆!

【閲覧注意】結合双生児、頭から角の生えた女性の顔面標本まで「ムター・ミュージアム③」

ムター・ミュージアムといえば、なんといっても有名なのが結合双生児、シャムの双子とも呼ばれる奇形児コレクションである。 その語源は、腹部で連結した双生児チェン&エン・ブンカー兄弟の出生地がシャム(タイ王国の旧名)であったことによる。チェン&エンは、胸の部分が小さな軟骨で結…続きを読む

【閲覧注意】結合双生児、頭から角の生えた女性の顔面標本まで「ムター・ミュージアム③」
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇