連載「Universal Jintai Japan(UJJ)=人体迷宮の旅」第1回

【閲覧注意】ずらり並ぶ難病・奇病の実物標本。近代医学の光と闇が見える世界最高峰の人体博物館「ムター・ミュージアム①」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

近代医学の登場前夜の闇を照らし出すコレクション群


new_soapwoman.jpg

全身の脂肪が石鹸状なった女性のミイラ The Soap Lady~ the Mütter Museum


new_mutter11.jpg

ムター美術館を代表する頭蓋骨コレクション


new_model01.jpg

リアルすぎる解剖モデル~ the Mütter Museum

 ミュージアムの母体となったフィラデルフィア医師協会は、1787年、アメリカ近代医学の発展を目指し、「米合衆国建国の父」のひとりとされるベンジャミン・ラッシュ(Benjamin Rush)らが立ち上げた私設団体である。当時、個人コレクションとして集められていたものを、医学の発展のために役立てるべく、ここにコレクションされていった。それゆえに、現代とは異なる医学的な倫理観のもとに収集された、貴重な標本や資料、無謀とも思える実験的な治療の成果や医療器具などを網羅的に見ることができる。

 近代医学は、衛生概念の登場と大きく関係している。19世紀には、輸血・輸液療法の確立、麻酔法の発達、パスツールによる病原菌の発見、ペニシリンによる抗生物質の開発などによって、それまで困難であった高度な外科手術が可能となった。

 フリークスといわれる人たちによく見られる肥大した腫瘍などは、切除面からの感染症で死に至るリスクは高かった。そのため多くのフリークスたちは、見世物小屋でその姿を晒して生きていくしかなかった。その後、彼らは近代医学の登場とともに、冒険的かつ実験的な手術を受けていくこととなり、その症例の積み重ねが外科学の大きな進歩にも貢献していく。

 ムター・ミュージアムで観ることのできる医学標本の数々は、近代医学の登場前夜とそれ以降をまたぐように収集されてきたものである。これらの貴重なコレクションは、輝かしい近代医学のはじまりばかりでなく、過去の歴史に隠された医学の闇の部分までも見せてくれるものなのである。次回は、個々のコレクションをじっくりと見ていきたい。

[基本情報]
ムター・ミュージアム
『MÜTTER MUSEUM』
The Colledge of Physicians of Philadelphia
19 S 22nd Street Philadelphia, PA 19103
TEL 215.560.8564
http://muttermuseum.org/
★年中無休(感謝祭、12月24日&25日、1月1日以外)
10:00〜17:00、大人 $16(は大人同伴 詳細はHPで)
http://muttermuseum.org/visit/hours-admission/


連載「Universal Jintai Japan(UJJ)=人体迷宮の旅」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子