連載「眼病平癒のエビデンス」第13回

白内障の手術を「4~5分で終わる」と自慢する医師には気をつけろ! 重要なのは時間ではなく合併症の適切な対処

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手術で大切なことは時間ではなく合併症が起きた時の適切な対処

 眼科に限らず手術で大切なことは、時間ではなく合併症が起きた時に適切な対応が取れるかどうかです。大学病院などの教育機関では、まず、合併症を起こさないで手術を終えられるように指導し、十分な技量が習得されたら合併症の対策を学びます。合併症の対策が適切にできて一人前の術者と言えるようになるのです。

 患者さんの希望により4分で手術をすることを売りにしている眼科医に紹介したら、「白内障が進行しているからうちの病院ではできません」と返されたと言う話も聞いたことがあります。

 患者さんはテレビや雑誌などのマスコミから情報を得ることも多いとは思いますが、その様な情報を鵜呑みにせず、自分の目の状態や白内障の程度を担当医から良く聞いて、手術を決めることが重要だと思われます。

連載「眼病平癒のエビデンス」のバックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子