低い声は"強さ"と"有能さ"を伝える! 政治家は低い声のほうが有利?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 voice.jpg

低い声は選挙の武器に? Wellphoto/PIXTA(ピクスタ)

 有権者は声の低い政治家候補者を好むらしい――。米マイアミ大学政治学准教授のCasey Klofstad氏らによる、そんな研究結果が科学誌『PLOS ONE』(8月7日)に掲載された。

 研究によると、低い声は強さと有能さを伝えるという。また、低い声に惹かれるのは「原始人の本能」によるもので、人は指導力を経験と知恵ではなく、肉体的能力と結びつけて考える可能性があるという。

 Klofstad氏は、「現代の政治的指導力は、腕力よりもイデオロギーが左右する。だが、人類の歴史を少し遡ると、おそらく文字通り"力"の強い指導者を選ぶことで利益がもたらされていた」としている。

低い声に魅かれるというバイアス

 研究では、成人800人を対象に、仮想の政治家候補者を用いた調査を行い、候補者の声の録音を聞いてもらった。コンピュータソフトウェアを用いて録音の声の高低を変えたところ、低い声の候補者の得票率は60~76%だった。また、女性候補者についても、低い声のほうが好まれることが判明した。

 Klofstad氏は、「我々は自分たちを理性的だと考えているが、今回の研究では、かすかな信号をもとに、不確かな印象でも判断を下すことが示された。直観に従えばよいときもあるが、低い声の人が実はたいした指導者でない場合、実際のリーダーシップを反映しておらず誤りとなる。選挙時の行動にこうしたバイアスが影響するという認識が高まれば、行動のコントロールに役立つ可能性がある」と述べている。

 そういえば、アメリカのニュース番組の女性キャスターの声は低いのが特徴だ。低めの声で話の内容を権威づけようとしていのかもしれない。

 声の高低は声帯の振動数で決まる。これが男女を見分ける重要な鍵になる。男女の声の高さに差が出るのは、いわゆる男子の声変わりの時期だ。一昔前は15歳くらいがピークだったが、近年では12歳前後まで年齢が下がってきている。

 この時期に、男性ホルモン分泌が盛んになって第2次性徴が明らかになる。その一端として、のどぼとけが突き出てきて、声帯が長く厚くなるため声が低くなるのだ。

声が小さくなる病気がある!

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛