朝食は「抜く」べきか「食べる」べきか? 健康効果と病気リスクで議論中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝食を欠くと脳出血を引き起こすリスク

 だが、今年に入り、またもや新説が公表された。国立がん研究センターなどの共同研究チームが、全国8県在住の男女8万2772人(45~74歳)を1995年~2010年という長期に渡って追跡調査した報告である。

 その調査期間中、脳卒中(脳梗塞/脳出血/くも膜下出血)を発症した3772人、および虚血性心疾患(心筋梗塞/急性心臓死)を発症した870人については「朝食との関連」を研究陣は解析した。

 具体的には「毎日食べる」組と「週0回」組や「週1~2回」組など4派に分類して関連性を追った。結果、毎日食べる組を基準にした場合、週に0~2回の階層は脳出血を引き起こす危険性が1.36倍増、脳卒中総体では1.18倍高いという差が弾き出された。

 従来から、朝の欠食(=空腹ストレス)が肥満や高血圧につながる恐れのあることは知られてきた。が、さらに脳出血のリスクも高まるという研究報告は世界初だった。

 高血圧は「脳出血」の大きな要因であり、とりわけ早朝時の血圧上昇が危険性を高める。欠食によって朝の血圧があがればなおさらだろう。

 同じ脳卒中系でも「脳梗塞」単体では4派間の比較差は認められず、心疾患系でも有意差は見られなかったのが証左ともいえる。

朝食2回!? でも太らない

 この長期研究の成果が「朝食抜きか、否か!?」論議を再燃させるのは必至だ。さらに先日、かなり興味深い関連情報が海外からもたらされた。

 『mental floss』の掲載記事によれば、米国内の中学生を対象にした調査で「朝食抜き、ないしは不定期」派の生徒よりも、「自宅と学校で2回の朝食をとる」派の生徒のほうが太りにくいという事実が判明したと報じている。

 「2回の朝食」という部分は決して誤植でない。なんでも米国の学校給食法(National School Lunch Program)では昼時のランチ同様、朝食も支給される例があるらしい。児童の健康維持という意図以外に、救貧措置も兼ねているためだ。

最も肥満を引き起こすのが「朝食抜き」

 イエール大学とコネチカット大学が行なった研究でも、最も肥満例を引き起こすのが「朝食抜き」派と判明し、そのリスクは2倍にも上ると警告も。

 ちなみに「朝食1回」「朝食2回」双方の肥満比は僅差だった。

 この米国の児童の朝食事情と関連現象が、世界共通のものかどうかは今のところわからない。そして、世代間や年齢層も超えて現われる結果なのかも、今後の研究にゆだねるしかない。

 いずれにせよ、どんな人にも朝は必ず訪れ、誰もが空腹感に襲われる。けれども健康促進のためには食べるべきか抜くべきか、その“正解”は出ていない。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆