連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」第7回

プロバイオティクスとしての「乳酸菌」を上手に健康に生かすためのコツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効果をはかるためには2週間様子をみる

 プロバイオティクスとしてのヨーグルトは、薬ではなく、あくまでも食品だ。そのため、即効性はそれほど期待できない。また、薬のように症状をもたらした原因をとり除くこともできない。しかし、副作用もほとんどなく、徐々に体質を改善して病気になりにくい体をつくってくれる。体質改善を期待するためには、ある程度時間をかけて様子をみる必要がある。そのためには、食べてみて特に問題がなければ、2週間くらいは続けていきたい。

 また、最近、市販のヨーグルトも目的に合わせて使用する乳酸菌を変えるなどして、いろいろな商品が開発されている。たとえば、雪印メグミルクが見出したガセリ菌SP株は便秘の予防や免疫力強化、コレステロール値を下げるなどの働きがある。

 人の腸内環境は一人ひとり違うので、本来なら自分に最も合ったヨーグルトを食べるのが理想だ。自分に合っているかどうか見極めるにも、やはりある程度の期間、食べてみて便の様子を観察したり、体調をみるとよいだろう。自分に合っているのではないかと思われる、あるいは目的に合わせたヨーグルトからまずは気軽に試してみよう。

 ただし、いくらヨーグルトは副作用もなく健康によいとはいえ、食べれば食べるほどよいというものではない。食べ過ぎて食事に影響したりしたら、本末転倒になる。また、いくら低カロリーとはいえ、カロリーのとりすぎは問題だ。

 目安としては、1日100~400gくらいが適量だろう。肥満や高脂血症の傾向がある人は、特に食べ過ぎに注意し、低カロリー、低脂肪のものをとるように心がけたい。

 なお、料理にヨーグルトを使う場合、熱を加えると栄養価は変わらないものの、乳酸菌は死んでしまうのでその点は注意しよう。

連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子