女性も20代後半からオヤジ臭(加齢臭)が発生! 換気が悪い冬こそ気をつけたい「体臭対策」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事以外に何に気をつければ加齢臭が消せるのか?

 食事のほか、冬場の加齢臭対策で重要なのが、身体を清潔に保つことだ。皮脂腺から出る加齢臭は、頭皮、首筋、うなじ、耳の裏、胸、肩、背中、わき、足の裏などに発生しやすい。

 入浴時に、殺菌作用やデオドランド効果の高い石鹸や無添加の石鹸系ボディソープなどで、首筋、うなじ、耳の裏、胸、肩、背中、わき、足の裏をゆっくり丁寧に洗い、毛穴に詰まりがちな皮脂を洗い流そう。

 消臭・殺菌・制汗作用があるミョウバンを水で薄め、湯船に入れて使えば、加齢臭を消す効果が期待できる。ミョウバン水の残り湯を壁や出入り口のパッキン部分に撒くとカビ防止にも役立つ。ミョウバンは、薬局やスーパーで手軽に購入できるが、原液のままで使わない、誤飲しないように注意しよう。稀に合わない人もあるので、異常があれば使用を中止してほしい。

 加齢臭による頭皮のニオイ対策は、使っているシャンプーを見直し、皮脂の過剰分泌を防ぎたい。石油系のシャンプーは、洗浄力が強く、頭皮の保護に必要な皮脂までも洗い流す製品が多いため、過剰な皮脂の分泌を引き起こしがちだ。その結果、2-ノネナールの発生が増え、頭皮のニオイを悪化させることが少なくない。

 たとえば、アミノ酸系のシャンプーなら、石油系のシャンプーに比べて、洗浄力や泡立ちはやや弱いものの、頭皮への刺激が少ないのでおススメだ。あなたの頭皮のコンディションと相性がいいシャンプーを選ぼう。

若い女性に最も敬遠される「ミドル脂臭」とは?

 さて、30~40代の若い世代に多く、女性に最も敬遠されるミドル脂臭にもふれよう。

 ミドル脂臭は、主に後頭部周辺から発する腐った生ゴミのようなニオイだ。後頭部周辺は鼻から遠いため、ニオイに気づきにくい。女性の態度が冷たくなった、枕が臭い、と感じたら要注意。主な原因は、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスだ。肉類などの動物性タンパク質が好きで偏食がちの人や睡眠不足の人は気をつけたい。

 なお、口臭対策については、インタビュー「日本初の口臭外来を開設。全国から7000人以上が受診する口臭治療のパイオニア」のほんだ歯科・本田俊一院長のメッセージをぜひ読んでほしい。

 ちなみに、加齢臭については、2つの新研究がある。2008年11月、ライオンは「主に30代の男性から増加するペラルゴン酸(C9H18O2)が加齢臭の原因」と公表。2013年11月、マンダムは「30代〜40代の男性の頭部周辺から酢の120倍もの不快な強い臭気を放つジアセチルを発見」と発表している。

 女性にも若者にもある悩ましい体臭! 抗酸化食品をたっぷり食べ、体をいつも清潔に!スメルコントロールを徹底して、この冬を乗り切ろう!
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子