「こたつで寝る」と突然死する?脳梗塞や心筋梗塞のリスクを上げる可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そうした重篤な病気以外でも、こたつ寝による脱水は腸内の水分も失わせるため、頑固な便秘の原因になることがある。また、就寝時に体温を下げて身体を休めようとする自律神経の働きを妨げてしまうため、眠りの質が落ちる。その結果として免疫力が低下し、寝汗による寝冷えも加わって、風邪をひきやすくなる。「こたつで寝ると……」という教えは、決して迷信などはないのだ。

 お察しの通り、電気毛布やホットカーペットで朝までぬくぬくしながら眠るのも、同じ理由で体に悪い。電気毛布で寝床を温めるのは寝入りばなだけにするべきだし、ホットカーペットの上で寝入ってしまうことは避けるべきだ。

 これらの暖房器具は、省エネゆえ最近特に人気だが、熱源が近い=体への影響があることを忘れてはいけない。こたつやホットカーペットで家族がどんなに幸せそうに寝ていようと、心を鬼にして起こし、寝室へ行かせよう。また冬は気付かぬうちに「かくれ脱水」になりがちなので、暖房の効いた部屋では夏以上に意識して、十分に水分補給をしたいものだ。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子