ジャンクフードで脳の“海馬”が縮小! アルツハイマー病の発症リスクにも影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 精神障害の発症には、遺伝や環境などさまざまな要素が影響するが、今回の報告では食習慣の重要性が改めて示された。食事における栄養のバランスが、少なくとも部分的には海馬に影響することにより、認知症などのリスクを変動させている可能性がある。

 食生活が海馬の大きさと機能に影響することは、これまでにも複数の動物実験で示されてきた。ヒトを対象に行われた研究は、今回のものが初めてだという。

 最近、65歳以上のアメリカ人2000人余りを対象にコロンビア大学が行った調査でも、食事による認知症の予防効果が示されている。オリーブ油を多く使い、ナッツ類、魚、トマト、鶏肉、果物、葉物野菜などを多く摂る「地中海食」に最も近い食事を摂っていたグループは、それ以外の食事を摂ったグループに対してアルツハイマー性認知症の発症率が38%も低下していた。

 「今回の研究は60〜64歳の男女を対象に行われたが、海馬は年齢を問わず学習や記憶、精神衛生にとって重要な器官。若い人も健康的な食生活はとても大切だ」と、ディーキン大学の研究者はコメント。心身ともに健康で豊かな老後を望むなら、すぐにでも食事にジャンクフードが多すぎないかをチェックし、健康的な食材を取り入れるようにしたいものだ。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇