ジャンクフードで脳の“海馬”が縮小! アルツハイマー病の発症リスクにも影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 精神障害の発症には、遺伝や環境などさまざまな要素が影響するが、今回の報告では食習慣の重要性が改めて示された。食事における栄養のバランスが、少なくとも部分的には海馬に影響することにより、認知症などのリスクを変動させている可能性がある。

 食生活が海馬の大きさと機能に影響することは、これまでにも複数の動物実験で示されてきた。ヒトを対象に行われた研究は、今回のものが初めてだという。

 最近、65歳以上のアメリカ人2000人余りを対象にコロンビア大学が行った調査でも、食事による認知症の予防効果が示されている。オリーブ油を多く使い、ナッツ類、魚、トマト、鶏肉、果物、葉物野菜などを多く摂る「地中海食」に最も近い食事を摂っていたグループは、それ以外の食事を摂ったグループに対してアルツハイマー性認知症の発症率が38%も低下していた。

 「今回の研究は60〜64歳の男女を対象に行われたが、海馬は年齢を問わず学習や記憶、精神衛生にとって重要な器官。若い人も健康的な食生活はとても大切だ」と、ディーキン大学の研究者はコメント。心身ともに健康で豊かな老後を望むなら、すぐにでも食事にジャンクフードが多すぎないかをチェックし、健康的な食材を取り入れるようにしたいものだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆