連載「眼病平癒のエビデンス」第10回

亀田大毅が引退を決断した「網膜剥離」とは? 格闘技以外のスポーツも要注意!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 治療は、患者の年齢、裂孔の位置、網膜剥離の位置や程度により異なります。網膜剥離を伴わない裂孔であれば、網膜光凝固(レーザ治療)をすることが多いですが、若年者では治療をせず経過観察することもあります。網膜剥離を起こしている場合は、多くは手術を必要とします。手術には、目の外から行う方法(強膜内陥術)と中から行う方法(硝子体手術)があります。

 小さな裂孔の段階で発見され治療を受ければ、網膜剥離になる危険性は大幅に減少します。そのためには眼底の定期検査が必要になります。特に危険因子を持っている方、例えば強度近視、アトピー性皮膚炎の方、白内障など目の手術を受けられている方、目に打撲を受たり、常に衝撃を受けている方(ボクシング等の格闘技や飛び込みの選手の方)などは定期的に眼底検査を受けた方が良いでしょう。

 また、目には衝撃を受けるスポーツではいないと思っていても、知らず知らずのうちに裂孔が出来ていることがあります。例えばサッカーのヘディングが原因で網膜剥離を起こしたと思われる中学生がいました。この様に、眼球の発育段階にある小中学生は、目に衝撃を受けるスポーツをやっていなくても、飛蚊症や見え方が変だと感じたら、近視が進んだなどと思いこまないで早めに眼科を受診すべきです。

 目の周りにアトピー性皮膚炎がある方は、痒みのために就寝中などに無意識のうちに目を叩いていることがあり、外傷性の網膜剥離になっていることがあります。

 片眼性の病気の初期変化は、普段両眼で生活していると気づきにくいものです。時には、片眼で見て、左右の差や普段と見え方の変化がないか自分でチェックしてみることも大切です。また、急に病状が変化することもありますので、たとえ飛蚊症などで定期検査を受けていても、異変に気がついたらすぐに受診すべきです。

連載「眼病平癒のエビデンス」のバックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子