連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第15回

自宅内が散乱、全裸で発見 司法解剖で不自然死の原因が危険ドラッグと判明

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、東京都23区内で発生したすべての不自然死について、その死因を明らかにする東京都監察医務院の福永龍繁先生は、医学雑誌で最近の危険ドラッグ関連死の急激な増加を指摘している。即ち同施設での異状死では、2012年の第一例目を確認して以降、同年には4件のみであったが、翌年には16件と著明な増加を認めたと報告した。男性が16件で女性が4件、男性は30歳代が最多で7件、40歳代が4件、20歳代3件、50歳代2件と続き、女性は20歳代と50歳代がそれぞれ2件であったとのことであった。同氏は危険ドラッグによる検挙者数の増加と相関して、死亡症例も増加したと述べている。 

 以上のように、最近では法医学によって、危険ドラッグによる死因解明が成され、その結果を知ることによって、改めてドラッグに手を染めることの危険性が強く再認識される。 私たちは危険ドラッグを絶対購入しない、使用しないことを肝に銘じるべきであろう。


連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子