連載第8回 サプリメントの天国と地獄

輸入サプリメントは日本人にも安全か? 「ドクターズサプリ」はちゃんと医師のチェックを受けているか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tamuratadashi08.jpg

サプリメント大国・アメリカのサプリを日本人が飲んでも大丈夫か? Niloo / Shutterstock.com

 「サプリメント大国」と呼ばれるアメリカをはじめ、海外からサプリメントを購入している方もいらっしゃるでしょう。

 アメリカのサプリメントは種類も豊富で人気があるようですが、本当に安心して日本人が使えるものなのでしょうか?

体格が小柄な日本人は過剰摂取に注意

 日本人とアメリカ人の体格を見ればわかるように、何かにつけてアメリカのものは日本のものより大きい傾向があります。同じコーラでも、アメリカで飲むLサイズは、日本のそれよりも明らかに大きい。

 サプリメントについても同様のことが言えます。アメリカのサプリメントは日本のサプリメントよりも多くの有効成分が含まれるものが多いので、含有量に注意して使わないと、過剰摂取になってしまう可能性が高いと言えます。そして、サイズが大きいということは添加物も多く含まれると考えたほうがよいでしょう。

 また、アメリカのサプリメントには、ヨウ素が含まれているものが結構あります。これはアメリカが大陸国家で、ワカメや昆布などの海藻類を食べる機会が少なく、サプリメントによる補給が合理的だからです。日本人は日常的に海藻類をはじめとする海産物を摂取しているので、ヨウ素を含むサプリメントを取ると、やはり過剰摂取につながります。

 海外にも良質のサプリメントは多数あるでしょう。しかし、海外のサプリメントの場合、パッケージに記載されているのは外国語で、表示のルールも日本とは異なる場合があるので、それを理解するのは大変です。さらに、サプリメントによる健康被害があった時、しっかり責任をとってもらえるかも極めて不安です。これは海外のサプリメントの最も大きな問題だと思います。

「ドクターズサプリ」とは何か?

 いわゆる「ドクターズサプリ」と呼ばれるサプリメントがあります。この言葉は、2通りの意味で使われているようです。1つは、医師や歯科医師の指導に基づいて、もっぱら医療機関で使用されているサプリメント。もう1つは、「○○博士が考案・推奨するサプリ」という触れ込みで、医師が開発に関わったというものです。

 私は本来、ドクターズサプリは、前者の意味で使うべき言葉だと考えています。専門知識を持った医師、歯科医師のアドバイスに沿ってサプリメントを選べば、不足している栄養素をしっかり補給できる可能性が高く、無駄な買い物をしないで済みます。

 一方、ドクターズサプリと言いながら、医師や医療関係者がまったく関わらないで普通に販売しているものには、注意しておくべきでしょう。そうした商品は、販売のためのキャッチフレーズとして「ドクターズサプリ」と称しているだけかもしれません。たとえ医師が開発に関わっていたとしても、ドクターの開発意図のとおりに作られているかはわかりません。

 インターネットで「ドクターズサプリ」と検索すると、いろいろなサイトがヒットしますし、街のドラッグストアでも「ドクターズサプリ」と称する商品が並んでいます。その中には、「どのような医師が、どのような理由で、どのような成分を選んで作ったのか」が、ほとんど記されていないものもあります。ドクターズサプリの名の下に、「売らんかな」の商魂が見え見えの製品は、避けるべきでしょう。


連載「サプリメントの天国と地獄」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子