やる気が出ないのは"脳の栄養不足"? モチベーションを高める食事方法を伝授!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オレキシン」という脳内物質も、やる気と密接にかかわっている。睡眠障害の「ナルコレプシー」は、急に激しい眠気が起きる病気だが、これはオレキシンの欠乏が原因の一つといわれている。つまりオレキシンは、脳の覚醒を保つ役割を果たしているのだ。

 オレキシンは"空腹時に増える"という特徴を持っている。増えれば増えるほど脳が覚醒するため、空腹時のほうが意識が冴えているというわけだ。食後に眠気が襲ってくるのは、オレキシンが一時的に減ったために起きるといわれる。

 また、オレキシンは覚醒だけでなくモチベーションにも関与し、注意力を上げ、交換神経を活発化させる。いわゆる"野獣が獲物を狙う"ようなハングリーな状態が作られるのだ。

 よって、オレキシンを増やすために、わざと「空腹状態になる」というモチベーションアップの方法が考えられる。もちろん、極端な食事制限は健康に良くないので推奨できないが、緊張を要する会議やプレゼンの前にモチベーションを上げたいのであれば、空腹で臨んだほうがいいのかもしれない。

 やる気が失われているときは、チロシンを含む食材を摂るか、空腹状態を作ってオレキシンを高める。ぜひ試していただきたい。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆