連載「暮らしとつながるサプリメント」第2回

サプリメントのメリットを上手に活用して薬の効能をサポートしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もう一つは、カルシウムと骨粗しょう症治療薬のビスホスフォネート系製剤の併用だ。ビスホスフォネート系製剤は、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制するので、低カルシウム血症を引き起こすおそれがある。

 体内のカルシウムの99%は骨に、残りの1%は血液中や細胞内に含まれる。この1%のカルシウムが筋肉の動きや心臓の働き、ホルモンの分泌や血液凝固など、骨以外のところでとても重要な働きをしている。

 そのため、血液中のカルシウム濃度は常に1%になるように調整されており、この濃度が低下すると、骨に貯蔵されたカルシウムを融解して血液中に送り、カルシウム濃度を一定に保とうとする。

 しかし、ビスホスフォネート系製剤は、骨からカルシウムが出ていかないようにするため、食事からのカルシウムの摂取量が少ないと、血液中のカルシウム濃度が低下するおそれがある。それを防ぐために、カルシウムのサプリメントで補充することが有用になる。

 ただしこの薬剤、はミネラルなどと一緒に摂ると吸収が悪くなるとされているので、同時摂取は避け、30分~2時間程度の間隔を置いてカルシウムを摂ること、また1回の摂取量は500mgを超えないことという注意点を守らなくてはいけない。

 サプリメントのメリットを理解して、上手に活用できれば、薬をサポートすることも可能なのだ。


連載「暮らしとつながるサプリメント」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子