連載第10回 健康って何だ?~フィットネス道の探求~

あなたの努力を無駄にしない! なぜトレーニングのフォームが大切なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 筋肉は筋繊維の集合体だが、そのすべてが使われているわけではない。筋肉に指令を下すのは脳だ。脳は神経を通して、命令を筋肉へと届ける。より大きな力を発揮したり、より効率的に筋肉を使うには、脳から命令を伝える神経の経路を増やし、よりたくさんの筋繊維を動かすことができればいい。

 脳からの命令をより多くの筋繊維に伝え、より多くの筋肉を働かせることを「筋肉の動員」ともいう。筋肉の動員によって、より多くの筋肉を働かせることができれば、間違いなく今以上に高い成果を出すことが可能になるはずだ。

 そのため、正しいフォームで行わないと、ターゲットとなる筋群をうまく刺激できずに効果は低下する。ターゲット部位をピンポイントで刺激できるように、正しいフォームを身に付けることはとても重要だ

自信があってもまずは軽いウエイトから

 たとえ筋力がある人でも、まずは軽いウエイトを使おう。軽いウエイトは、しっかりターゲットの筋群を意識でき、筋肉の動きを感じることができるので「意識」するクセがつく。

 筋力があると過信して重い負荷を選ぶとフォームが崩れて、それが身に付いてしまう。また、正しいフォームを身に付けず、最初から中強度で行うと、筋力が付いていない初心者の場合、関節などを痛める可能性が高い。

 目的が健康づくりでも、理想のカラダを手に入れるためでも、その基本は共通している。しっかりと、筋肉に脳からの命令が伝わり、より多くの筋肉が働けばよい。そのためには、正しいフォーム、正しい姿勢でのトレーニングの継続が不可欠なのだ。

連載「健康って何だ?~フィットネス道の探求~」バックナンバー

村上勇(むらかみ・いさむ)

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。

村上勇の記事一覧

村上勇
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆