連載第10回 健康って何だ?~フィットネス道の探求~

あなたの努力を無駄にしない! なぜトレーニングのフォームが大切なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 筋肉は筋繊維の集合体だが、そのすべてが使われているわけではない。筋肉に指令を下すのは脳だ。脳は神経を通して、命令を筋肉へと届ける。より大きな力を発揮したり、より効率的に筋肉を使うには、脳から命令を伝える神経の経路を増やし、よりたくさんの筋繊維を動かすことができればいい。

 脳からの命令をより多くの筋繊維に伝え、より多くの筋肉を働かせることを「筋肉の動員」ともいう。筋肉の動員によって、より多くの筋肉を働かせることができれば、間違いなく今以上に高い成果を出すことが可能になるはずだ。

 そのため、正しいフォームで行わないと、ターゲットとなる筋群をうまく刺激できずに効果は低下する。ターゲット部位をピンポイントで刺激できるように、正しいフォームを身に付けることはとても重要だ

自信があってもまずは軽いウエイトから

 たとえ筋力がある人でも、まずは軽いウエイトを使おう。軽いウエイトは、しっかりターゲットの筋群を意識でき、筋肉の動きを感じることができるので「意識」するクセがつく。

 筋力があると過信して重い負荷を選ぶとフォームが崩れて、それが身に付いてしまう。また、正しいフォームを身に付けず、最初から中強度で行うと、筋力が付いていない初心者の場合、関節などを痛める可能性が高い。

 目的が健康づくりでも、理想のカラダを手に入れるためでも、その基本は共通している。しっかりと、筋肉に脳からの命令が伝わり、より多くの筋肉が働けばよい。そのためには、正しいフォーム、正しい姿勢でのトレーニングの継続が不可欠なのだ。

連載「健康って何だ?~フィットネス道の探求~」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子