連載第10回 健康って何だ?~フィットネス道の探求~

あなたの努力を無駄にしない! なぜトレーニングのフォームが大切なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
form.jpg

"正しいフォーム"は軽いウェイからChoreograph/PIXTA(ピクスタ)

 ボディラインがあらわになるこのシーズン、鍛え上げられた肉体は何よりも最高の"アクセサリー"かもしれない。決してひけらかす気はなくとも、フィットネスに励んだ証は、少し誇らしくはあるだろう。

 そのためなのか、この時期は見た目の改善を試みて「カラダを鍛えよう」と始める人は多い。そして、「少しでも早く効果を......」と焦り、遮二無二トレーニングを開始する初心者も少なくない。

 「女性だけの30分フィットネス」が特徴のカーブス、賛否の論議を呼んだ「結果にコミット」のライザップ、個別指導のパーソナルトレーニングジム、隠れ家的なヨガスタジオ、最近はアウトドアフィットネスクラブや、女性専門のランニングジムなど、さまざまなフィットネスが巷を賑わしている。

 近年、何度目かのフィットネスブームが到来しているという。「運動が習慣化する」のは、大いに結構なことだ。ただし、正しいトレーニングが行われていればの話だ。

"正しいフォーム"がトレーニング効果アップ

 そもそも運動は、闇雲にやればよいわけではない。より効果をあげるには決まり事がある。以前紹介した「トレーニングの原理原則」だ。まず、3原理「過負荷・可逆性・特異性」、さらに5原則「漸進性・全面性・意識性・反復性・個別性・過負荷」がある。

 そして、この原理原則に加え、トレーニングでぜひ守ってほしいことがある。それは、トレーニングでの"正しいフォーム"だ。

 実はフィットネスクラブでトレーニングに励んでいる人の9割は、何らかのフォームが正確ではないようだ。誤ったフォームが身に付きクセになると、それを修正するのに無駄な時間と労力がかかる。とても基本的なことだが、「できていない人」が多いのが現実だ。

 誤ったフォームでトレーニングを続けた結果、カラダを痛めたあげく、効果が全くあらわれない......。これまでフィットネスの指導に携わってきた経験上、これで"フィットネス道"を挫折した人は数え切れないほどいる。

 ではなぜ、フォームが大切なのか。さまざまな理由はあるが、いくつかを挙げたい。

神経の経路を増やして、より多くの筋繊維を動かす

村上勇(むらかみ・いさむ)

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。

村上勇の記事一覧

村上勇
まさか20〜30代で「更年期障害」の症状が! まずは卵巣機能低下や自律神経失調症を疑え 
インタビュー「若年性更年期障害」第1回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる患者も増えている。その症状と原因、治療、予防について、ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師に訊いた。