連載第8回 健康って何だ?~フィットネス道の探求~

ライザップの問題は「結果"だけ"にコミット」か? フィットネスの本質は「習慣」「継続」にアリ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
UENO07.jpg

ライザップのトレーニングはボディビル選手の調整に近い!?shutterstock.com

 いま話題の「ライザップ報道」――。その急先鋒である『週刊新潮』(6月18日号)には「2カ月で37万円 『ライザップ』の客とスタッフが危ない!」というセンセーショナルという刺激的な見出しが踊り、スタッフが過酷な労働環境に苦しみ、客が脳卒中で倒れる「重大事故」が発生したと報じられている。

 今回はビジネス面の見方はさておき、フィットネスの観点から、ライザップが行っているトレーニングやダイエットの何が問題なのかを考えたい。

ダイエットではなくボディビルのコンテスト!?

 ライザップの特徴は、基本的に予約制のマンツーマン指導という点だ。顧客のレベルや目標に合わせたトレーニングをマンツーマンで指導し、独自の栄養補助食品(サプリメント)などを摂取させ、徹底した栄養管理を行っている。

 ただし、他のフィットネスクラブでもパーソナルトレーニングを行っている施設はある。プロテインやアミノ酸、ビタミン剤などの栄養補助食品も販売している。当然、栄養士の資格を持つスタッフやトレーナーが栄養指導も行っている。

 では、ライザップでは何が大きく異なるのか? 

 それは「無理をさせるか、無理をさせないか」、ただその違いだけだと思う。ライザップが提唱するダイエットのためのトレーニングは、ボディビルコンテストに出場する選手の調整方法に近い。

 ボディビルは競技ゆえ、「楽しさ」だけではなく「結果」が要求される。スポーツクラブやフィットネスクラブは、どちらかといえば楽しさやストレスの発散、健康づくり、健康維持増進の要素が強いといえるだろう。

 ライザップのキャッチーフレーズ「2カ月間で結果を出す」のは可能だ。しかし、決して楽ではないため、身体にも相当の負担や反動があるのは否めない。糖質を制限するという栄養指導は、ダイエットには効果的だが、肉体的、精神的に追い込み過ぎて無理をさせていないだろうか。

「楽しさ」「大切さ」を体感することが秘訣

村上勇(むらかみ・いさむ)

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボール選手を引退後、現・スポーツクラブ「ルネサンス」に勤務。2007年から「メディカルフィットネス+スパ ラ・ヴィータ」のゼネラルマネージャーとして施設運営に携わる一方、トレーナーとして主婦や高齢者、アスリート(サッカーチーム・モンテディオ山形、加藤条冶:スピードスケート、黒田吉隆:レーシングドライバー)、著名人(指揮者・飯森範親など)を幅広く指導。現在は株式会社ドリームゲート代表として、スポーツチーム・アスリート・企業などを指導、運営協力に携わる。

村上勇の記事一覧

村上勇
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘