連載 病理医があかす、知っておきたい「医療のウラ側」 第3回

痔は人間にしか見られない病気! "直立二足歩行"が背負った「肛門の宿命」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 お尻を拭くのに紙を使うようになったのは最近のこと。世界的にみると、現在でも肛門を拭くのに紙を用いているのは全人口の3分の1程度であり、植物の葉、木片や砂の使用や直接の水洗いなど、さまざまな方法で行われているそうだ。

 日本で尻拭きに紙が使われだしたのは江戸末期といわれるが、貴重品の紙を使えるのはほんの一握りの人たちであった。昭和初期になっても、庶民は藁やフキ、クズ、トチ、シダ、ダイズ、サトイモなどの葉っぱで拭いていたという。フキ(蕗)の名はどうやら「拭き」に由来するらしい。

 考古学の分野では、籌木(ちゅうぎ)と称される「糞べら」が多数発掘される場所をトイレとみなすとのことだ。籌木は、明治時代まで全国あちこちで使われていたとされる。
 

汚れた指で、トイレットペーパーの"折り紙"はしないで!

 学生時代の感染症内科の講義で、「下痢便を拭くときに、便が指先につかないようにするには、紙を10枚重ねなければならない」と聞いたことが印象に残っている。

 いくら一生懸命にお尻を拭いても、所詮、完全に拭き取ることは不可能である。

 『トイレと付き合う方法学入門』(朝日文庫)の著者である鈴木了司先生による、寄生虫全盛時代の逸話がある――。ある産婦人科の医師が診察の合間に、ご婦人がたの蟯虫検査をした。例のセロハンテープ法である。

 産婦人科を受診する女性の多くは局部をきれいにしてくるはずなのに、蟯虫卵が3人に1人の割合で見つかったという。しかし、あまり強くこすると痔によくない.........。やはり、これからも「温水洗浄便座」の時代なのだろうか。

 同じく鈴木先生の言。トイレの使用後にトイレットペーパーを三角に折るご婦人方へのお願い。「どうか、汚れた指で"折り紙"はしないでください」


連載「病理医があかす、知っておきたい“医療のウラ側”」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子