連載 更年期をのりこえよう! 第1回

更年期は生活習慣を見直し、老後を健康に過ごすための準備期間

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 症状の現われ方も百人百様で、倦怠感、うつ、不眠などを訴える人もいれば、動悸、ほてり、冷や汗などを訴える人もいる。肩こり、腰痛、関節痛を訴える人もいれば、排尿痛や性交痛を訴える人もいる。はっきりとした統計はないが、更年期障害を自覚する人は10人中、2~3人であるという説もある。一口に更年期といっても、症状の現われ方には個人差が大きいのである。

 このため、症状がきつい人は、精神的に弱いからだ、仕事をしていないからだなどと、あたかも自分に性格的、社会的な問題があるように考えたり、他人と比較して自分を責めたりしがちだが、それは大いなる誤解である。

 なぜならば、更年期の不快な症状は、主にホルモンのバランスが崩れることから生じるものだからである。次回は、そのメカニズムについて解説することにしよう。

<編集部から>
NHKの朝の看板番組『あさイチ』(6月22日放送)のコーナー特集「女のホケン室」が閉経特集を組んで話題になっている。朝から刺激が強いとの批判もあるが、女性にとっては切実な問題。宮沢先生の新連載でもしっかりとした医学的な解説と女性の本音に迫っていく予定。


連載「更年期をのりこえよう!」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子