連載第5回 頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた

頭痛を誘発する因子の上位5つのうち4つまでがストレスや緊張などの精神的要因

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大幅な体重減少でも頭痛が改善

 次に、食事性因子の中で肥満との関係について話します。アメリからの報告(2)ですが、極度の肥満患者さんにおいて、減量手術(食べられる食事の量を減らす手術)が行われています。これにより食べ物の摂取制限し減量しようとする手術です。この手術を受けた患者702人中、片頭痛を持っていた102人について、追跡調査のできた81人中、90%が女性でした。肥満になってから片頭痛を来したグループ51人は手術後に48人が改善しました(41人で頭痛がなくなり、7人も部分的に改善)。
 
 一方、肥満症になる前から片頭痛を来たしていた24人は18人が改善しました(11人で頭痛発作がなくなり、7人が部分的に改善)。このように、どちらのグループも減量手術により、大幅な体重減少を来すことによって、頭痛も改善する報告です。ただし、その効果は、肥満になった後から頭痛持ちの体質になった人の方が、ダイエットによる頭痛発作の改善効果が大きいと考えられると報告しています。食事性因子も強迫観念的な食欲からのストレスと考えることもできるかもしれません。

 では、実際の対策はどのようにすればいいのでしょう。まず自分の頭痛の誘発因子を知ることが重要です。その方法は、第2回でお話した、頭痛ダイアリーをつけることでした。

そこから、自分の誘発因子を知れば、その誘発因子を避ける工夫が重要です。たとえば、眩しい光や太陽の光で頭痛を誘発する人は、外出時は、サングラスをかける事で、ある程度予防することが可能と考えられます。また食事内容や、アルコールなどが誘発因子となる人は、自分でその適量、あるいは、摂取の中止を検討してみてください。さらに天候(特に雨の日や低気圧など)で起こす方もいますが、このような方は、雨の日の外出を控えたり、予め予防薬的な内服薬を検討することも重要です。そして何よりストレスフルな生活環境を見直してみてください。

 このように、頭痛持ち方でも、自分の生活習慣を見直すことで、頭痛の回数を抑制できる可能性があります。これは、頭痛だけでなく心身ともに健康に生きる基盤となるもので日常生活の基本となる食事・睡眠・排泄・清潔・衣服の着脱の5つの生活習慣を一度、振り返ってみてください。この中に頭痛の予防のヒントがあるように思います。

1. Hauge AW, et al.  Cephalalgia 30(3) : 346-353. 2010
2. Gunay Y, et al. Surg Obes Relat Dis. 9(1): 55-62. 2013


連載「頭痛の秘密がここまで解き明かされてきた」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子