ソーシャル疲れで「新型うつ」に!TwitterやFacebookの中毒者はメンタルを気をつけろ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
185855079.jpg

ここ数年で一気に広まったFacebook、Twitter、mixi、そしてLINE。SNSは、今ではやっていない人を探す方が難しくなってきた

 デート中、商談の最中、授業中、とにかくあらゆる場面で、あらゆる人たちが「スマホでSNS」に興じているが、これだけ多くの時間を、1つのネットワークに熱中していると何らかの影響があるのではないか...と思っていたら、イギリスのエディンバラ大学の研究チームが「大いに影響あり」という実験結果を発表した。

 実験は20人の被験者を対象に、さまざまな質問を繰り返す。ただ、質問をする状況はその都度変えていき、SNSにアクセスした後にも質問が行なわれた。

 この実験で顕著にみられたのは、まず、初めは質問に対して自分で考えて答えを出していたものが、SNSで回答が得られると知るや、先ほどの自身の答えを簡単に引っ込めてしまうことだった。そして、SNSでの回答を自らの答えとして提示したのである。

 さらに、答えを見出そうと苦労するのではなく、スマホなどの操作によって答えに行き着こうとするようになった。また、難問に当たった際、まず「SNSの中に回答を見出そうとするようになった」のである。

 被験者たちは、こう考える。「SNSによって、多くの回答を手にすることができるのだから、自分はそこから最適のものを選ぶだけ」と。本人はとても賢い方法と思っているのだが、しかし、SNSで得られる回答がどれだけたくさんあったとしても、それは他人の頭で考え出されたものである。

 実のところ、彼らは「他人の考えを受け入れている」に過ぎない。

 こうした傾向を研究チームでは、「SNSによって自らの頭で分析しようとする努力を怠るようになり、判断力が弱まるとともに性格が怠惰になっていく」としている。

 被験者数が20人であることや、年齢性別など条件を変えて実験が行なわれていないため、この実験結果にどれだけの信頼性があるかは疑問であるが、ただ、これが一つの傾向なのだとは何となく頷ける内容ではある。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆