シリーズ「恐ろしい飲酒習慣」第4回

“酒豪”都道府県「ベスト3」と「ワースト3」が判明~酒豪を生む遺伝子はこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
alcohol004.jpg

強いか弱いかは遺伝による生まれつき(shutterstock.com)

 シカゴ大学などが行なったPET(陽電子放出断層撮影)によるアルコールの臨床研究によれば、アルコールを飲むと、大脳辺縁系に3種類の反応が現れることが分かった。大脳辺縁系は、食欲、性欲、睡眠欲、意欲などの本能、情緒、夢、記憶や自律神経の活動に深く関わっている重要な部位だ。

 研究の結果、大脳辺縁系が反応して陽気になる人、大脳辺縁系に反応せずに気分が沈む人、その中間で雰囲気によって酒をうまく感じたり、まずく感じたりする人に分かれた。

ALDH2の働きは生まれつきの遺伝子が決めている

 世の中は広い。底なしの酒豪もいれば、おちょこ1杯で顔が真っ赤になる人もいる。それはなぜか?

 アルコールは、アルコール脱水素酵素(ALDH)によって有害なアセトアルデヒド(CH3CHO)になり、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド分解酵素(ADH)によって無害な酢酸(CH3COOH)に分解される。

 ALDHという酵素には、ALDH1とALDH2がある。アセトアルデヒドを主に分解するのはALDH2。ALDH2の働きが強い人は、アセトアルデヒドを分解する速度が速いので、アルコールへの耐性が高い、つまり酒が強い。かたやALDH2の働きが弱い人は、アセトアルデヒドの分解速度が遅いのでアルコールへの耐性が低い、つまり酒が弱い。

 ALDH2の働きが、人によって強かったり弱かったりするのはなぜか? ALDHという酵素は、20種類あるアミノ酸がつながったタンパク質。ALDHのアミノ酸がどのような配列になるかを決めているのは、遺伝子だ。ALDH2は534個のアミノ酸からできているが、ALDH2の504番目のアミノ酸はグルタミン酸になっている。

 ところが、ALDH2の働きが弱い人、つまり酒が弱い人は、ALDH2の504番目のアミノ酸がリジンになっている。わずか1個のアミノ酸の配列の違いで、酒が強い弱いの分かれ目になる。実に不思議だ。

日本人は酒に強いのか?弱いのか?

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫