シリーズ「恐ろしい飲酒習慣」第5回

脱水、胃痛、吐き気、頭痛、睡眠障害……二日酔いの予防法は「す・て・き」を守ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
inshyu005.jpg

飲み過ぎ注意(shutterstock.com)

 酒を飲んだ翌日に体調を崩したり、気分が悪くなって仕事や生活に支障をきたす。二日酔いは誰もが経験しているものの、なかなか解決できない悪習慣だ。

 アルコールは、飲酒後1~2時間かけて、胃で約20%、小腸で約80%が吸収された後、血液から全身を巡る。ほろ酔いから酩酊に入ると、酔っぱらう。

 アルコールは、アルコール脱水素酵素(ALDH2)によって有害なアセトアルデヒド(CH3CHO)になり、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド分解酵素(ADH)や、ミクロゾーム・エタノール酸化酵素系(MEOS)によって無害な酢酸(CH3COOH)変わる。その後、酢酸は、水と二酸化炭素に分解され、呼気、尿、汗として排泄される。以上が酔いのメカニズムだ。

 二日酔いは、このメカニズムが破綻し、脱水、胃痛、吐き気、疲労感、頭痛、筋肉痛、睡眠障害などの症状が出る異常な状態だ。

酒を飲むとトイレが近くなるのはなぜか?

 まず、酒を飲むとトイレが近くなる。なぜか?

 アルコールは、体内の水分調節をする抗利尿ホルモン(バソプレシン)の分泌を抑える、つまり、尿をよく出す働きがある。抗利尿ホルモンは、大脳の脳下垂体から分泌されるホルモンで、血液量や浸透圧を一定に保つ役割がある。

 たとえば、大量の汗をかいたり、脱水症状になると、体内の水分を保つために抗利尿ホルモンの分泌量が増え、尿の量が減る。一方、酒を飲むと、抗利尿ホルモンの分泌量が抑えられる。つまり、尿の量が増えるので、トイレが近くなるのだ。

 とくにビールは、アルコールのほか、大量の水分や新陳代謝を活発にするカリウムを含み、利尿作用が強いために、トイレに何度も行くことになる。ビール中瓶2本(アルコール量50g)を飲むと、およそ1ℓの水分が尿として排出される。

 酒を飲みすぎれば水分が恋しくなるのは、体内の水分量が減少し、脱水状態になるからだ。飲みながら水分補給すれば、二日酔いは和らぐ。

脱水症状、頭痛、吐き気、胃痛、頻脈、アルコール性低血糖、疲労感……

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫