シリーズ「恐ろしい飲酒習慣」第5回

脱水、胃痛、吐き気、頭痛、睡眠障害……二日酔いの予防法は「す・て・き」を守ること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
inshyu005.jpg

飲み過ぎ注意(shutterstock.com)

 酒を飲んだ翌日に体調を崩したり、気分が悪くなって仕事や生活に支障をきたす。二日酔いは誰もが経験しているものの、なかなか解決できない悪習慣だ。

 アルコールは、飲酒後1~2時間かけて、胃で約20%、小腸で約80%が吸収された後、血液から全身を巡る。ほろ酔いから酩酊に入ると、酔っぱらう。

 アルコールは、アルコール脱水素酵素(ALDH2)によって有害なアセトアルデヒド(CH3CHO)になり、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド分解酵素(ADH)や、ミクロゾーム・エタノール酸化酵素系(MEOS)によって無害な酢酸(CH3COOH)変わる。その後、酢酸は、水と二酸化炭素に分解され、呼気、尿、汗として排泄される。以上が酔いのメカニズムだ。

 二日酔いは、このメカニズムが破綻し、脱水、胃痛、吐き気、疲労感、頭痛、筋肉痛、睡眠障害などの症状が出る異常な状態だ。

酒を飲むとトイレが近くなるのはなぜか?

 まず、酒を飲むとトイレが近くなる。なぜか?

 アルコールは、体内の水分調節をする抗利尿ホルモン(バソプレシン)の分泌を抑える、つまり、尿をよく出す働きがある。抗利尿ホルモンは、大脳の脳下垂体から分泌されるホルモンで、血液量や浸透圧を一定に保つ役割がある。

 たとえば、大量の汗をかいたり、脱水症状になると、体内の水分を保つために抗利尿ホルモンの分泌量が増え、尿の量が減る。一方、酒を飲むと、抗利尿ホルモンの分泌量が抑えられる。つまり、尿の量が増えるので、トイレが近くなるのだ。

 とくにビールは、アルコールのほか、大量の水分や新陳代謝を活発にするカリウムを含み、利尿作用が強いために、トイレに何度も行くことになる。ビール中瓶2本(アルコール量50g)を飲むと、およそ1ℓの水分が尿として排出される。

 酒を飲みすぎれば水分が恋しくなるのは、体内の水分量が減少し、脱水状態になるからだ。飲みながら水分補給すれば、二日酔いは和らぐ。

脱水症状、頭痛、吐き気、胃痛、頻脈、アルコール性低血糖、疲労感……

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫